labyrinth <--> exit ブログ

 Yoshiyuki Honda's HomePage/Blog

電撃大王

舞-HiME戦(EXA) 第8話

最終回、、でした。
単行本は10月に発売予定とのこと。

舞衣が命を倒して、黎人を救って結ばれて大団円、、そんな最終回でした。

正直なところ、自分的にもっとどうにも響かない終わりに行き着いてしまうのではないかと思ってもいたのですが、、
実際見てみたら、案外とどうでもなかったなという印象がありますな。

神崎黎人というキャラをひとり救うために漫画連載のシリーズ1本使ったのだと考えれば、まあ、それなりに腑には落ちるわけで、、


いや、でも、、そもそも神崎黎人ってキャラはそこまでして救わねばならないほどに罪深いのか?という疑問にぶち当たったりもしてしまうのですが(汗笑)

単行本が出て、頭から読み直したら再度、何か記事を書くかもです。


舞-HiME戦 (電撃コミックス EX 144-1)舞-HiME戦 (電撃コミックス EX 144-1)
著者:矢立 肇
アスキー・メディアワークス(2010-10-27)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

舞-HiME戦(EXA) 第7話

前回の続きから、、ってことで、なつき vs 静留・戦。
確固たる決意のもデュランで清姫を圧倒し、静留への想いを吐露して打ち解けたあと、ふたりともに消失。

黎人によっていったん眠らされたあと、ふたたび目を冷ました舞衣は雨の中へと飛び出し、自らの彼への想いに気づく

戦姫の神事を自分なりのやり方で終わらせるべく、黎人は彼女を家へと置いて風華学園へと向かい、正門のところで自刃、、
しかし、時すでに遅く、、完全な黒曜の君として復活すると、彼を探してやってきた命をとらえ、最後の儀式を完遂しようとするのだった、、

そして、、

 生き残るのは誰だ!?
 次号最終回、決戦へ…


なのだそうです(汗)

いやその、、第1話の扉にほかのHiMEたちもたくさんいたような気がするんですけれども、彼女たちはいったい、、
本当に次回で終わってしまうのだとしたら、消化不良なんてレベルじゃないのですけれども、、どうやって、まとめるんだろう、いったい(汗)

むしろ、いったん終わらせる、、と見せかけて、実際はTVシリーズのダイジェストめいたストーリーから脱却した新展開へと突入していく
、、くらいの推測をしないと、なんといいますか
なんといいますか、、、(大汗)

舞-HiME戦(EXA) 第6話

連載開始から半年となる第6話目、、
前回の戦闘の続きと、しばらく(数日くらい?)時間が経ったあとが平行して描かれる展開。

しばらくあとの時間軸では風華学園が完全休講となり、舞衣は黎人のもとでかくまわれている状態。
巧海はどうやら死んでしまったらしい(汗)
加えて珠洲城遥が姿を見せないということが描写されており、、これってつまり、雪之とダイアナ(?)がすでにやられてしまったということだろうか(大汗)
舞衣との戦いに入る前に静留がすでにやってしまったという可能性が高そうな気がしてきた、、

戦闘の続きの方は静留がいったん退いたものの、巧海が戦闘に巻き込まれてしまったため舞衣と命とが決裂。
拠り所をなくしてさまよいはじめた命が再び静留に戦いを挑もうとしたタイミングにて、、なつき&デュラン登場で引き。

次回、なつき vs 静留の第1弾が展開されそうではあるのだけど、、
ほとんどキャラを掘り下げていない段階で、それやってしまって大丈夫なのかという懸念が先立ってしまうわけで(汗)
やるとしたら、バトルしつつ回想に入っていく、、のかなぁ。
第3話の冒頭で描かれていたとおり、なつきは静留の自分に対する想いをすでに自覚しているっぽくもあるし、、

舞-HiME戦(EXA) 第5話

次で半年になる第5話、、
冒頭の回想部でアニメ版に出てきた一番地の老婆たちにあたる面々が登場。
幼い黎人と命に直接、宿命を伝える展開になっていたり。
まあ、凪と真白の役割がいくぶんか美袋兄妹に引き継がれているのは、これまでどおりとして、、

本編は たまゆら祭。
楯がいないので、黎人さんの舞衣攻略が順調に進むぜ、、と思ったら、ここでエレメントを手に静留が状況に介入ですよ(汗)

もはやHiMEバレとかバレないとか、そんなレベルではなく、、舞衣 vs 静留 → 命 vs 静留のバトル展開に。
カグツチ、清姫、ミロクが入り乱れたド派手な戦いに巧海まで巻き込まれた、、ってところで引きでした。

いやあ、、再構築とはいえキャラごとのドラマ断片化が進みすぎていて、まとまりに向けてどこらへんがとっかかりになるのかすらまだまだ見えてこない感が大変強く、、
次回あたりがさすがにひとつの山になってくる、、のかなぁ?(汗)
つか、雪之とか本当に本編の流れに絡んでこれるのかどうか、心配になってきた。

舞-HiME戦(EXA) 第4話

引っ越しなどで間が空いてしまいましたが、「電撃大王」連載の第4話 感想を、、

デュランの猛攻に追い詰められて絶体絶命なカグツチ。
第4話にして鴇羽舞衣、退場なのか、、 と思ったら、実はなつきがデュランに命じて空砲を撃たせていた、という展開から始まり、、

後半はリンデンバウムにてバイト仲間の碧ちゃんが舞衣に「戦姫の神事」の基礎知識を教えてくれるのこと。
しかし、舞衣と別れた直後、碧は静留(&清姫)に襲われ、愕天王で迎撃するもやられてしまうのだった、、

えっと、、
碧ちゃんは結局、教師として着任することなく、風華の地について何か研究しているらしい舞衣のバイト仲間のままで退場(?)
あとは、そうそう、、静留のHiMEバレ回だったんだな、と(汗)

展開の速さにはさすがに愕然としてしまうわけですが、、
これはもう、ひととおりHiMEたちが倒れた後に真の展開が始まるくらいに考えておいた方がよいのだろうか(大汗)

舞-HiME戦(EXA) 第3話

先月号の引きを受けて、ほぼ全編 舞衣 vs なつきのバトル。
カグツチの本格登場話ですな。

ただ冒頭の回想部分を見るに、どうやらなつきの静留への想いはすでにこの段階で自覚してしまっているっぽい?

舞衣の迷いと途惑いが強いっていうのが理由としては大きいのだけれど、、デュランがカグツチを圧倒しているバトルの展開は、かなり新鮮だったりした(汗笑)
カグツチがとどめさされそうなタイミングでの引きとなりましたが、、
次話で助けに来るであろう者は命か、あるいは意外な人物か?

舞-HiME戦(EXA) 第2話

先月号に続いて、第2話。

引き続き、展開はハイテンポ。
TVシリーズの序盤と後半戦の導入部分が融合されて話が進んでいる感じですな。

前回の引きでハリーを倒された あかねは速攻で岩境製薬系の(?)病院に入れられちゃうし、黎人はかなり黒曜っぽいモード入ってて命を操っているしで、、総じてシリアス展開。

キャラ的には、千絵と あおいが名前確定。
静留も話に絡み出して、、でもって、遥と雪之も登場。
いつもどおりの立ち位置&関係性のようですな(汗笑)

そして、舞衣 vs なつきのバトル開始、、というところにて、今回は引き。
TVシリーズ本編では結局なかったカードなので、どう描くのかは楽しみなところで。

舞-HiME戦(EXA) 第1話

この記事の続き、、
先月号の告知どおり、「電撃大王」にて第1話 連載開始。

とりあえず根幹を成す導入部分、、舞衣が風華学園に転校してきて、なつき、命と出会い、最初のチャイルド戦まで。

静留、黎人、碧、巧海も登場。
名前は出てきてないけど、千絵とあおいらしき人が舞衣のクラスメイトになっていますな。
真白が水晶の姫(?)の役割から解放されるあたりが導入で、黎人はTVアニメ版における凪の役割も担っているっぽい?

で、、
オーファンは登場せず、1話目にしてもういきなりチャイルド登場のHiME同士の戦いが始まってしまうという。
いきなりテンパった状態で登場し、命+舞衣に撃退されてしまった あかね(+カズくん)は2話目以降でフォローされるんだよなぁ、、さすがに(汗)

扉絵を見るかぎりは、HiMEの面子はアリッサも含めてTVシリーズと変わってはいないようだけど、、
あと、楯が現段階では影も形もないわけで、、

意図的なのかどうなのか、やや引き気味の視点から話が淡々とハイスピードで進むので、ちと感情移入しづらい面はあり(汗)
まだまだこれから、、先の展開次第、かなぁ、、、
お知らせ
このサイトに関する諸注意は、こちらをご参照ください

2005年7月16日以前のBlog移行前のログについては、、

 ・トップページ(ニュース)は、こちら

より、ご参照ください。
Hot Topics
同人サークル・四薔薇会の同人即売会へのサークル参加予定について

次は12月29日(日)-31日(火)に東京ビッグサイトで開催されるコミックマーケット85に、1日目(29日)にサークル参加予定です。
他の日の委託頒布も含めて、情報は随時こちらを更新します。

2014年初頭は1月26日(日)に人形町 サンライズビルで開催されるもう何も恐くない13にサークル参加予定です。

最近のイベントにて頒布しているものについては、こちらをご参照ください。
月別アーカイブ
カテゴリ別で表示
TagCloud
最近のコメント
同人活動
最新のイベント参加予定や新刊・既刊情報は、こちらをご参照ください
一部の本は、下記リンクの書店にて委託販売いただいています
各書店の通販サイトにて「四薔薇会」で検索ください

とらのあな
めろんぶっくす
まんだらけ
COMIC ZIN
メロンブックス DL
DLsite.com
pixiv
リンク
カテゴリー別リンク
 ・DVD関連

個人/サークル/クリエイター
登録ポータル/リング
協賛・支援など
まきますか?まきませんか?
同人誌印刷
(有)ねこのしっぽ
POPLS
緑陽社
巡回 I
はてなアンテナ
QRコード
QRコード
プロフィール
Blog移行前のログ
2005年7月16日以前のBlog移行前のログについては、、

 ・トップページ(ニュース)は、こちら
 ・掲示板(日記)は、こちら

より、それぞれご参照ください。
Amazon 検索
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト
Twitter
Amazon アソシエイト(2)


忘却の旋律 DVD-BOX 1
【初回限定生産】


「忘却の旋律」オリジナル・サウンドトラック
THE MELODY OF OBLIVION


忘却の旋律企画アルバム
「旋律劇場へのイザナイ」


Will


てのひらの光


少女革命ウテナDVD-BOX
前編【初回限定生産】


少女革命ウテナ
コンプリートCD-BOX


シスター・プリンセス &
シスター・プリンセスRePure
DVD-BOX


舞-HiME 5


舞-乙HiME Zwei
COMPLETE [Blu-ray]


舞-乙HiME 0-S.ifr-
COMPLETE [Blu-ray]


「舞-HiME」ベストコレクション


「舞-乙HiME」 ベストコレクション


「舞-乙HiME」ドラマCD Vol.2


舞-HiME★DESTINY 龍の巫女
ドラマCD


舞-乙HiME
ヲトメグラフ プレミアム


舞-乙HiME Zwei


舞-HiME
Side-A 秘密の花園


舞-HiME★DESTINY ~龍の巫女~
プリズン・キャスト


舞 HiME狂走曲
猫姫@日記


アイドルマスター XENOGLOSSIA (1)


アイドルマスター XENOGLOSSIA
ベストアルバム


アイドルマスター XENOGLOSSIA
キャラクターボーカルアルバム Vol.1


アイドルマスター XENOGLOSSIA
オリジナルドラマ VOL.1
「週間十六夜寮」


宇宙をかける少女
Volume 1 [Blu-ray]


奥さまは魔法少女 第1巻


瓶詰妖精 Bottle fairy BOX


BPS バトルプログラマーシラセ


魔法少女リリカルなのは Vol.1


魔法少女リリカルなのはA’s Vol.1


GA キャラクターコレクション
烏丸ちとせ


ミュージカル「ギャラクシーエンジェル」


まほらば~Heartful days
第1巻 (期間限定版)


トップをねらえ2! (1)


機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-


コードギアス 反逆のルルーシュ
volume01 (Blu-ray Disc)


コードギアス 反逆のルルーシュ R2
volume01 (Blu-ray Disc)


よみがえる空 ―RESCUE WINGS―
DVD-BOX (初回限定生産)


あさっての方向。1


シゴフミ 一通目


桃華月憚 月華之抄


キューティーハニー THE LIVE 1


大奥 【DVD付初回限定盤】


Akasha
(初回限定盤)(DVD付)


TRIBUTE TO MASAMI OKUI
-Buddy-


ラブひな
OKAZAKI COLLECTION


Darling(初回限定盤)


Love Aice5


堀江由衣 クリスマスライブ
-由衣がサンタに着がえたら-


THE MUSEUM(DVD付)


GREAT ACTIVITY
(2007年限定製造盤)(DVD付)


NANA MIZUKI LIVE FIGHTER
BLUE×RED SIDE [Blu-ray]


ファンタジア


メトロノームエッグ


クロニクル(DVD付)


happyend


Get over the Border!


空ノ言葉(初回限定盤)(DVD付)


here I am


Parade(初回限定盤)


Minori Chihara 1st Live Tour 2008
Contact LIVE DVD


dream link


LIVE TOUR 2008
dream link LIVE DVD


REFLECTION

  • ライブドアブログ