labyrinth <--> exit ブログ

 Yoshiyuki Honda's HomePage/Blog

進藤尚美

【2010年11月 乙HiME☆復活祭 8・新刊】 「舞-HiME」本 『メゾン・ド・ガルデローベへようこそ / Dissonancial Quartet』

メゾン・ド・ガルデローベへようこそ Dissonancial Quartet
 
舞-HiME 本

 
メゾン・ド・ガルデローベへ
ようこそ

&
Dissonancial Quartet



本文・編集: 本多由亨
表紙・挿絵: ぬくぬくさん
(猫と万華鏡)
校正・文芸協力・猫監修: むさしさん (屑★星)
 
  • 「舞-HiME」勝手続編小説本
    TVシリーズ本編の最終回から1-2ヶ月後、なつきや雪之が高校2年生の5月頃のエピソードとなります
  • 乙HiME☆復活祭 8にて、A5判オフセット本として刊行
  • 1冊の本に2編の小説を収録
    それぞれの話が表1・表4からはじまる両A面構成となります
     
  • 『メゾン・ド・ガルデローベへ ようこそ』
    風華学園近くの学生アパート メゾン・ド・ガルデローベで共同生活をはじめた王春妹、夢宮ありか、エルスティン・ホー
    彼女たちや猫のニナ、”おじさま”も交えた新生活のお話
     
  • 『Dissonancial Quartet』
    遥と静留が風華学園 大学部に入学した年の5月、ふとしたことからダブルデートをすることになった遥&雪之、静留&なつきのお話
     

    販売状況:
     
    乙HiME☆復活祭8にて刊行
    四薔薇会 参加の同人即売会にて頒布しています
     
    書店委託については、とらのあなメロンブックスCOMIC ZINにて取り扱いいただいています

2010-10-02 の twitter投稿

  1. 安易にオタに絡もうとした宮なんとかさんに天罰覿面な回だったのですね、、
  2. カミングアウトった
  3. ああ、、ここらへんは見てないわ。 つか、なにこの話(笑)
  4. みのりん、、(笑)
  5. サーシャとテレサが(笑)
  6. あ、、見てたな、サッカーのくだりも
  7. 追い詰めます!
  8. 短いわ 乙女時間!
  9. ああ、、見てたかも(ぉぃ)
  10. おお、みのりんが出ている(汗笑)
  11. ここも見た
  12. ここらへんまでは覚えている
  13. たぶんいまBS11で放送してる回って、酔っ払って見てる途中に寝ちゃった回(汗)<みつどもえ
  14. てことは、これは夢、、夢なのか(汗笑)#zega RT@kohkichi:@musasi_kudubosi もう4年連載してるけどずっと6年生なんだ……1年でリセットされるから
  15. 遠藤綾がいるなぁ、、#zega
  16. 「ありとあらゆるもの」+花澤さん#zega
  17. きれいなシズノ先輩、、#zega
  18. ミナト先輩、、(笑)#zega
  19. コイツら最強的な何か#zega
  20. センパイの表情がエロくて困ります#zega
  21. 消えてねぇし(汗笑)#zega
  22. おお、DRAGONだ!#zega
  23. ガルズオルム終了のお知らせ?#zega
  24. カミナギェ、、#zega
  25. 最強キョウちゃん、、最強キョウちゃんじゃないか!#zega
  26. センパイ、、#zega
  27. BS11にてゼーガペイン最終回、、#zega
  28. labyrinth <--> exit ブログ : 2010-10-01 の twitter投稿 http://www.yhonda.net/archives/52198589.html
  29. 溝の口の焼き肉屋から帰宅。味はさすがに明大前ほどではない。しかし驚くほど安い。だが交通費を考えれば徒歩圏内の店に行く方がよい(汗) でも今日はよいのです。BSフジでの「天体戦士サンレッド」放送終了の勝手打ち上げ的に行ったわけなので(汗笑) http://bit.ly/cZGVke
  30. 溝の口の焼き肉屋で稲垣潤一と水樹奈々なう
  31. GO 溝の口 GO 南武線は今日もいい色イエロー、だが混んでいる(汗)
  32. 以前書いた「舞-HiME」珠洲城遥・話のpixiv投稿、これにて完結。最後の持っていき方は「らしいな」と書いた本人ながら思っておりまする(汗笑) 生徒会執行部の いちばん長い日(4・完) | 本多由亨 http://p.tl/t/66376#pixivnovel
  33. 行信三さんだ。Photoshopで作業してる<テレ朝
  34. 今日来た静留の水着フィギュアと前に購入したシズルの水着フィギュアを並べて不思議な気分にひたる。 やっぱり なつきかナツキを隣に置いてあげたいところですなぁ、、
  35. 引っ越しの時に売ってしまった高遠るい「CYNTHIA THE MISSION」を買い直す旅が始まる、、(汗)
  36. 「ざくろ」「バクマン。」「禁書目録」「ミルキィホームズ」、、今期のJ.C.STAFFって、4作体制なのか、、
  37. パンスト中。バンク(?)がよい。しかし、第1話からなんというネタを、、(汗笑)
  38. 静留の水着フィギュア、、座りポーズなので小ぶりに見えるのが、ややもったいない(汗) 前のヴィオーラさんに比べると全体的にスリムね
  39. マァァァァジテンシィィィィィィィィ!! というか、神対応じゃねーか。天国でレイジさんも賞賛しているよ、きっと RT@anegoya: マジ天使!買うさ!えぇ、買いますさ! http://yunakiti.blog79.fc2.com/blog-entry-6706.html
  40. BDに焼いて保存するために録画予定。遠藤綾も登場するミニコーナーとか、、「キスダムR」を彷彿とさせるぜぇ、、(汗笑)
  41. BS11_Anime【明日のANIME+】明日24時30分からは「マクロスF」がOA!恋と友情と惑星の運命が交差する超銀河ラブストーリー!さらに90秒のミニ番組「マクロスF情報局」も始まります!第1回は遠藤綾さんと中島愛さんが登場!皆様是非!#bs11anime#bs11#macrossf
  42. 自分のつぶやき見返したら、「横になる」とまでは書いてあった、、 覚えねぇ(汗)
  43. で、、藤乃静留さんの浜辺の女王フィギュア到着。さっそく髪を下ろしたバージョンにパーツ差し替えだ(汗笑)
  44. おっきせり。昨晩は久々の会社の飲み会 → 帰ったら、そのままぶっ倒れコースでした(汗)

Powered by t2b

【小説Web公開】 舞-HiME 『生徒会執行部の いちばん長い日』

pixivにて公開しています。

2006年の春に刊行した同人誌「舞-HiME/舞-乙HiME」 珠洲城遥/ハルカ・アーミテージ本 『HARUKA ジャスティス!!』( http://www.yhonda.net/archives/50546478.html )に収録した話のひとつとなります。
それなりの長さの中編となっていますので、4分割で投稿しています

 http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=62349
 http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=64022
 http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=65258
 http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=66376

珠洲城遥メインの話ですが、ほぼ全キャラ登場している、、かな。

「舞-HiME」TVシリーズ 第9話と第10話の間くらいの話となります。

【小説Web公開】 舞-HiME 『青の時代 第1話:雨上がりの花よ咲け』

こちら(pixiv)にて公開しています。

2008年の冬に刊行した同人誌(コピー本) 「舞-HiME★DESTINY」本 『-青の時代- 雨上がりの花よ咲け』(コピー本 完全版)( http://www.yhonda.net/archives/51803157.html )と同一の内容となります。
「序章:運命(デスティニー)」( http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=45917 )に続く「青の時代」シリーズの第2弾ですが、この話だけでも独立して読んでいただくことは可能です。

時間軸的には「舞-HiME★DESTINY」の本編冒頭、真夜が星之宮風華学園へと転校してきてからひと月後くらい。
今回は真夜と静留がメインです。

【小説Web公開】 舞-HiME 『青の時代 序章:運命(デスティニー)』

こちら(pixiv)にて公開しています。

2008年の秋に刊行した同人誌 「舞-HiME/舞-乙HiME」藤乃静留→シズル・ヴィオーラ本『しずるクロニクル』( http://www.yhonda.net/archives/51451655.html )に収録した話のひとつとなります。
本来は本全体のエピローグ部分なのですが、この話だけでも独立した一編として読んでいただくことが可能、、かもと判断しまして、アップしてみました。
『しずるクロニクル』のエンディングであると同時に、そのあとに書いた連作短編『青の時代』シリーズのプロローグ部分にもなっているという、ちとややこしい位置づけでもあります。

時間軸的には「舞-HiME★DESTINY」本編の2年前。静留となつきが初めて出会ったときの話となります。

【小説Web公開】 舞-乙HiME 『ユキノ追想録』

こちら(pixiv)にて公開しています。

2008年の秋に刊行した同人誌 「舞-HiME/舞-乙HiME」藤乃静留→シズル・ヴィオーラ本『しずるクロニクル』( http://www.yhonda.net/archives/51451655.html )に収録した話のひとつとなります。
連作短編の中のひとつ「雲< cloud > - ユキノ・クリサント」を短編として切り出すにあたって改題しました。内容は同人誌収録版とほぼ同じとなっています。

ハルカとシズルがトリアスとなり、ナツキと舞衣がガルデローベに入学したあと。
ドラマCD「シズル・ヴィオーラ回顧録」直後くらいのお話です。

【小説Web公開】 舞-乙HiME 『喪失 < I lost the place >』

こちら(pixiv)にて公開しています。

2008年の秋に刊行した同人誌 「舞-HiME/舞-乙HiME」藤乃静留→シズル・ヴィオーラ本『しずるクロニクル』( http://www.yhonda.net/archives/51451655.html )に収録した話のひとつとなります。
本来は中編のエピローグ部分(のひとつ)なのですが、この話だけでも一編として成り立ってはいるので、pixivの小説機能試しがてら投稿してみました。

OVA「舞-乙HiME Zwei」第1巻 終了直後くらいの話となります。

2010-04-12 の twitter投稿

  1. サンクリの事件。公式筋の発表、、 念のため http://www.creation.gr.jp/
  2. つか、「深愛」は、、いいのか? 行く先の違う方に行っちゃうの?(汗)
  3. 水樹奈々FCの会報来た。「結婚式で流したい曲」で「宝物」は上位ランクインでした、、よ?(汗笑)
  4. ヤバイな、、 戯言のはずが、本当に見たくなってきた(汗笑
  5. つか、ガムの力なくても普通に需要ありそうだな、、進藤尚美 京都写真集
  6. ダメだ、、思考が疲れてる(汗) いつぞやのガルデローベ制服着た栗林みな実の姿を思い出しつつ、まどろむ、、
  7. 待てよ、、 あのCMのガム使えば、進藤尚美さんが静留になり、柚木涼香さんが遥に、能登麻美子は黒沼爽子になるって寸法じゃないのか?(ぉぃ)
  8. ハルヒのガムのCMに出てくる能力って、「二次元にしか興味ないんです」って人には夢のようなイッツ マイダス・タッチ。ミスタァ ゴォォルドフィンガァァァァァ、、だよな(汗
  9. 電車乗った。 しばし、まどろむ
  10. 上品な家系ラーメンは、、なんか違うな(汗
  11. ラーメン食おう(汗
  12. なんだこの室外機設置、、 問題はないけど、アクロバチックだ
  13. 業務終了。不動産屋に電話したら回収工事が終わったとのことなので、一度、新居に行ってみる。 鍵ないから外見だけだけど
  14. 「クローバーフィールド」がオッケーだった人にはほぼ無条件でオススメかもだ
  15. 切なくて、いい話ではある。 あと、ツァ犬ことハイエナも出てる。舞台が南アだから(汗
  16. 「第9地区」は先月アメリカから帰国する機上で見たけど、、なぜアカデミー作品賞候補になったのかわからないタイプの映画だった(汗笑) 一般うけしないオタ向け映画だよなぁ
  17. おはようございます。 って、早いよな、、やはり(汗)
  18. もう1回、別件で良い方向に吹っ飛ばされたので、、そのまま寝。 日の最後に、ええもの見れました(笑)
  19. 爆死して、一日終了(汗)
  20. 寝る前にハッと気づいて確認してみたら、、 昨日、楽天ブックスに注文したのって今月分じゃなく先月分のアニメ誌だった。
  21. おそらく最初で最後の要超早起き出勤の日なので、とっとと寝ます(汗)

Powered by t2b

【2010年3月 乙HiME☆復活祭 Seven・新刊】 「舞-HiME」本 『私家版・風華大戦 第一章』

私家版・風華大戦 第一章
 
舞-HiME 本


私家版・風華大戦
第一章

 
 
本文: 本多由亨
イラスト: ぬくぬくさん(猫と万華鏡)
 

「舞-HiME」シリーズ ブルーレイ発売記念 オールナイトBD上映イベント「ヒメナイト!」

もう2・3週間前の話になりますが、2夜に渡って行ってきたりしてました。
 http://www.my-zhime.net/himenight/

まあタイミング的にはたやすく予想できる話ではありますが、パチンコ CR「舞-HiME」との強力なタイアップイベントですな。
参加者全員プレゼントとして配布されたポスターやカレンダーとか、モロにパチンコがらみだし、上映会の冒頭15分くらいもパチンコのPR映像(ナレーションは中原麻衣&石田彰で録りおろし)だしで。

2夜ともにイベントの構成自体は同じで、パチンコのPR映像 → 「舞-HiME」BD-BOX収録の「黒の舞/最後の晩餐」 → ゲストトーク → 本編上映 → 「舞-乙HiME」BD-BOX収録の「乙女の祈り」、という流れ。


ゲストトークのコーナーは、担当だったバンダイビジュアルの轟さんがかなり久しぶりの司会になるらしい&施設の都合上、5人登壇しているのにマイクが4本しか使えないという状況もあり、ややグダグダ感は正直なところあったかも。
ただ、登壇している方、全員が全員、それこそ2004年来のつきあいでもあり、アットホームな雰囲気もまた強い。

トークの内容的には、それぞれのキャラ役になぜ選ばれたのか? と BDの特典映像やパチンコで久々に演じることとなって、どんな感触だったか? という2大トピックが中心となっていました。
ザックリまとめると、、

・浅井清己 → 「君が望む永遠」の大空寺あゆ役を聞いて、声質で選んだ(古里P)
・清水愛 → 「ワンダバスタイル」のキク8号役を聞いて、声質で選んだ(古里P)
・中原麻衣 → その頃の萌え系の声優さんの中から選びたい
 「中原麻衣とかいんじゃないですか? 舞衣だし」(バンダイビジュアル 国崎P)
・ゆかな → 「マシンロボレスキュー」あたりからの流れで古里Pが連れてきた
 最初から二役以上やってもらう目論見だったとのこと
・南里侑香 → 「マクロス ゼロ」の現場から国崎Pが連れてきた
 それまでのイメージとはまったく逆の役に挑戦して欲しいという意図あり
・進藤尚美 → 「電童」あたりからの流れで古里Pが選定
 というか、そもそも進藤さん本人をイメージして静留の顔立ちやスタイルがデザインされており、最初から規定事項だったらしい
 それまでの進藤さんは少年役や男っぽい女性の役がほとんどであり、そういったイメージとはまったく逆の役に挑戦して欲しいという意図もあったとのこと

直接の話には出てこなかったですが、静留と似たような経緯で遥も最初から柚木涼香さんをイメージしてデザインされたキャラなのだろうこと、推測に難くはなしで。

これまでの共演作ネタが次々に飛び出す中原麻衣&清水愛コンビが、どうにもこうにも仲睦まじかったり、、
浅井清己のパチンコフリークぶりが存分に発揮されていたり、、
ゆかなのまとうオーラめいたものが外面的にも内面的にも異様にでかかったり、、
南里侑香の小動物的な振る舞いがなんともかわいかったり、、
そして何より、家から着てこられたという進藤さんの着物姿があまりにもはまりすぎていたり、、と、ビジュアル的にもかなり楽しめるトークコーナーでありました。

あとはとにかく古里プロデューサーの「舞-HiMEプロジェクトは、まだまだ続けていきたい」「応援していただければ、劇場版も、、」という旨のコメントに、しっかりかっちりと期待を寄せたいところです(汗笑)


本編は本当にBD-BOXのディスクをそのまま使った上映で、メニュー画面とかも出てきます。
休憩が入るタイミングはディスクを入れ替えるタイミングそのままだし(笑)

かなり大きめのスクリーンで、2夜目なんかは前から3列目くらいの位置での鑑賞だったのですが、、それでも十分に滑らかな映像で楽しめるあたりは、さすがのBlu-rayクオリティ。
ただ、もとからスクリーン上映を前提に作られた作品ではないので、暗いシーンなんかは周囲の闇にかなり飲まれてしまって、つらいところではありました(汗)

自分の場合は昨年9月からのBS11での週1での再放送を見続けてきているため、正直なところ途中どこかで寝てしまうのではという危惧も事前にはあったのですが、、
いやあ、見始めたら見始めたで寝ることもなく、けっこうのめり込んで見てしまったという(汗笑)
今回の上映では各話が終わるごとにDVD時の映像特典だったピクチャードラマなどのミニ映像がはさまれていたので、それが実によいアクセントになっていたという事情はあります。
つか、ミニ映像による萌え度の補完ぶりは異常(笑)だよなと、あらためて思い知らされた。

前半も話数も後半の話数もそうですが、今回、短時間でまとめて見たことによって、刺激を受けるとか触発されるというよりも、、「舞-HiME」のキャラと話とがますます自分の中に深く浸透してくる感触は強くありましたね。
いったん「舞-乙HiME」以降にいった経緯も踏まえつつ、、今一度、原点へと触れて、それぞれのキャラたちのなんたるかをさらに深く感じることができたような気がする。
あと、これくらい短時間で見ると、舞衣と楯とがちゃんとヒロイン&主人公してるじゃないかと感心させられた(汗笑)
各話単位で見ると、妙に散漫な印象になってしまうわけで、、不思議なものですわ。


最後に上映された「舞-乙HiME」BD-BOX特典のピクチャードラマ「乙女の祈り」については、BD-BOX発売前のネタバレになってしまうので、ブログのトップページには表示されないよう、後回しにさせていただくとして、、

まあ、パチンコのとのタイアップとはいえ、このタイミングでこれだけの規模と内容のイベントを開催していただいたのは、声優さんや制作陣の中にもいまだにしっかりと「舞-HiME」が根付いていることを実感ベースで理解できたことも含めて本当にありがたかったですし、嬉しかったです。
イベント開催に関わられた方々には「ありがとうございました」と改めてのお礼を。


でもって、同人的にも何か新しいものが出てきたわけではないけれども、それでも発奮させられるところは非常に大きかった。
特に自分がいま「舞-HiME」方面のメインでやろうとしている同人ネタがTVシリーズの勝手続編(『私家版・風華大戦』)ということもあり、このタイミングで頭からラストまで、BS11の再放送も含めれば2回も(汗笑)見ることになったのは巡り合わせというか、、ちょうどよかったのかなと思う次第です。

『私家版・風華大戦』は全体像を形にするには1-2年は余裕でかかりそうな長い話になりますが、、
まずはヒメナイトの余韻に浸りつつ、3月28日の京都での乙HiME☆復活祭 Sevenにてキリがいいところまでは本として見せられるようにがんばってみたいとは思っています。


てなとこで、後回しにした「乙女の祈り」の話を、アフィリエイトはさんで(汗笑)、続きにて↓

舞-HiME COMPLETE [Blu-ray]舞-HiME COMPLETE [Blu-ray]
出演:中原麻衣
販売元:バンダイビジュアル
発売日:2010-01-27
おすすめ度:4.0
クチコミを見る
舞-乙HiME COMPLETE [Blu-ray]舞-乙HiME COMPLETE [Blu-ray]
出演:菊地美香
販売元:バンダイビジュアル
発売日:2010-03-26
おすすめ度:4.5
クチコミを見る
続きを読む

コメント一覧

    • 1. 本多由亨
    • 2010年03月07日 15:18
    • あと、、「舞-HiME」同人・ウテナ好きの会(?)は需要がありそうなので、どこかのタイミングで開催してはみたいところです(汗笑)

      忙しい方が多いので、調整は難しそうですが、、まあ、なんとか数ヶ月中くらいには。

舞-HiME COMPLETE Blu-ray BOX

舞-HiME COMPLETE [Blu-ray]舞-HiME COMPLETE [Blu-ray]
出演:中原麻衣
販売元:バンダイビジュアル
発売日:2010-01-27
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

「舞-HiME」のBD-BOX、到着しました。


これも含めたバンダイビジュアルのBD/DVDにはEMOTION FAMILY CLUBという独自のポイントシステムがありまして、2010年1月31日までのシリアルナンバー登録を対象にBlu-rayソフトのポイントを2倍にするキャンペーンを実施中

で、、
このBD-BOXは2900ポイントにもなるので、けっこう侮れません。
1ポイント=1円換算でバンダイビジュアルのDVD、もしくはBDに交換できますし。


BOXジャケットは久行宏和さんの描き下ろしアフィリエイトの画像のとおり(汗笑)ですが、、
中に入っているインナージャケット 3種も久行さんの描き下ろしになっています。

3種合わせて、HiME+真白、凪、深優、遥といった構成なのだけど、、
なぜか詩帆がいない&楯もいない(汗)


新作映像特典となる「黒の舞/最後の晩餐」については、、
まあ、公式サイトのアフレコインタビューで語られ、CMで断片的に見れるとおりの内容、、くらいのものですよと。

ある夏に黎人が舞衣と命に誘われて海に繰り出したら、かつてのHiMEたち(+遥と陽子もいる)によって砂浜に埋められ、辛い食べ物責めにあうという、、ただそれだけの内容(汗)
ノリ的にはCDドラマに近いですな。
ビジュアル的には水着祭ですが。

細かいところでは、命が高等部の制服を着ていたりとこだわりが散見され、、
黎人さんはややキャラが崩されすぎかなぁ、、
ものすごく好意的に解釈すると、TVシリーズではああいう俗物な表情が描かれていなかっただけかもしれない(汗笑)

雪之が黒い方向へとたくましく成長していたのが、自分にとっては最大の収穫でしたわ。
そりゃ絶対に許しはせんだろうからなぁ、、“あの人”のことは。

続・「ヒメナイト」など

これの続き、、

2月に開催される2週にわたっての「舞-HiME」TVシリーズ上映イベント、、詳細はこんな感じらしい

 http://www.my-zhime.net/himenight/index.html

チケット発売は1月20日(水) チケットぴあにて
って、、特に抽選とかがあるわけではなく、営業開始時間から普通に販売?
てことは先着順??(汗)
普通に平日なのに???(大汗)

取れるのかな、このチケット、、

会場、、というかスクリーンは「シネマサンシャイン池袋 5番館」とのことで、だいたいキャパは各回500名弱くらいのようですな。
それを多いととるか、少ないととるか、、


HiME関連はパチンコ化にともなってWebサイトも作られたようで、、

 http://www.my-hime-ch.jp/

バンダイビジュアルも制作に入って、清水愛&浅井清巳のトーク番組もWeb配信始まった。

 http://www.my-hime-ch.jp/tv/

ふたりとも「外の人」は話し下手だけど、「中の人」はよくしゃべられますな。
でもって編集のテンポもよい。

だけど、BS11での「舞-HiME」再放送に含まれる形で22日から始まるという上記と同時収録とおぼしきミニ番組の方は、、

 http://www.my-zhime.net/himemikotomiyu/index.html

パーソナリティふたりで1分番組とか、大丈夫、、なのか?(汗)
昨年までのMAKOがひとりで担当していた1分番組もかなり尺が足らない感じだったけど、、

「舞-HiME戦(EXA)」&「ヒメナイト」

「舞-HiME 狂想曲 猫姫@日記」終了から、半年くらい、、
まあ、BS-11とANIMAXで「舞-HiME」テレビシリーズの再放送やってるし、来年早々のBDーBOX発売(特典映像込み)も見えてるし、なんかパチンコ化もされるみたいだしで
今年はこのまま終わるのかな、と思っていたら、、

 http://www.my-zhime.net/others/index.html

「舞-HiME イクサ」と呼ぶのだそうで、、
なんか、突然に漫画連載で新作来た。
BD-BOXの発売にタイミング合わせてきた(汗笑)

詳細はまだわかりませんが、、なんか、ぱっと見PC/PSゲーム版の「運命の系統樹」っぽくもあるような、、
ひとまず、原点回帰志向っぽい雰囲気はありありとありますな。

こいつは楽しみだ、、
というか、年またいでもう1ヶ月後だ、第1話が読めるの(汗笑)


で、、

 http://www.my-zhime.net/himenight/index.html

テレビシリーズを2夜に分けて全話放送するオールナイトイベントが、池袋にて2月13日(土)、20日(土)で開催、、と
って、、要するにオールナイト×2ですか(汗)

いや、まあ、、
テレビシリーズはBS-11で再放送見直している最中ですし、BD-BOX買うつもりでいますし、、
わざわざ2週連続でオールナイトイベントに行くかというと、、

トークショーさえ、、トークショーさえなければ、、(汗笑)
しかも、いい具合にゲストを分けているし。
悩ましいことしきりですわ。



舞-HiME COMPLETE [Blu-ray]舞-HiME COMPLETE [Blu-ray]
出演:中原麻衣
販売元:バンダイビジュアル
発売日:2010-01-27
おすすめ度:2.5
クチコミを見る
舞-乙HiME COMPLETE [Blu-ray]舞-乙HiME COMPLETE [Blu-ray]
出演:菊地美香
販売元:バンダイビジュアル
発売日:2010-03-26
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

コメント一覧

    • 1. 本多由亨
    • 2009年12月26日 20:43
    • 本日発売された「電撃大王」買って予告を見てみたら、あちこちに「新約」と書かれていました<EXA(笑)

      どうやら最初の「舞-HiME」をベースに、もう一度、語り直す意図のようですな。
    • 2. 山口@時の翼にのって
    • 2009年12月27日 22:53
    • 関東の人がうらやましす
      わたしも、オールナイトイベント行きたかった・・・・

      舞-HiME 戦は期待してよいのでしょうか。
      電撃大王買って確かめるしかないでしょうが。
    • 3. 本多由亨
    • 2010年01月03日 12:35
    • いま売っている号での紹介自体は1ページ+αといったところですが、雰囲気感はつかめると思いますので、「電撃大王」で確認されるのをオススメです。

      付録ついている→雑誌が縛られているから、立ち読みでちょっと確認というわけにもいかないあたりがつらいところですが(汗)

【2009年12月 冬コミ・新刊】 「舞-HiME」本 『私家版・風華大戦 プロローグ』

舞-HiME 本

私家版・風華大戦
プロローグ

 
 
本文: 本多由亨
 

コメント一覧

    • 1. 本多由亨
    • 2009年12月12日 16:13
    • 一時期『しずるクロニクル』の第2弾としてやりたい、、といっていた本の企画の中にあった長編の構想がさらに長くなりまして、、
      ひとまず、その冒頭部分をコピー本で出してみたい所存です。

      なつきがストーリー全体の中心となる、、予定。
    • 2. 本多由亨
    • 2009年12月28日 21:02
    • こちらのコピー誌ですが申し訳ありません、、ものすごく薄い本になりそうです(汗)

      まあ今後、「舞-HiME」ジャンルで何をやっていこうとしているのかを、うっすらと感じ取っていただければと。

舞-HiME舞-乙HiME 藤乃静留 → シズル・ヴィオーラ本 『しずるクロニクル』 訂正について

10月13日に刊行しました舞-HiME舞-乙HiME 藤乃静留 → シズル・ヴィオーラ本 『しずるクロニクル』について、大変申し訳ないことにいくつか訂正項目があります。

お手元に本をお持ちの方は、お手数おかけしてしまい申し訳ありませんが、下記の点を修正くださいますよう、お願いいたします。
 

その1: カバー裏(表4)、13ページ目(タイトル)、14ページ目(目次)、179ページ目、376ページ目、385ページ目、386ページ目(奥付)

 今回参加いただいたゲストのお一人である「佐脇未弥」さんのお名前が「佐脇未亜」さんとして記載されています。
 佐脇さんはオフラインの刊行物では「佐脇未弥」、オンラインの活動では「佐脇未亜」と使い分けられていますので、この本の場合は「佐脇未弥」さん名義での参加となります。
 謹んで訂正させていただきます。
 

その2: 385ページ目

 今回参加いただいたゲストのお一人であるカーモさんのブログのURLが抜けてしまっておりました。
 下記がそのURLとなります。
  http://camomile.blog.shinobi.jp/

 また、名取まちさんの「ろくか園」URLにつきましては、いまは下記URLのブログが中心となっています。
  http://rikkaen.blog75.fc2.com/

 さらに、もう一方、つきみさんのサークル「戦場のマドンナ」のWebサイトが本日再開されたようです。
 下記のURLとなりますので、合わせてお知らせを。
  http://bcaweb.bai.ne.jp/tuki/madonna.html
 

以上、改めてお詫び申し上げます。

舞-HiME → 舞-乙HiME 藤乃静留 → シズル・ヴィオーラ本『しずるクロニクル』 サンプル公開

10月13日(月・祝)に開催される「舞-HiME」/「舞-乙HiME」オンリー即売会 乙HiME☆復活祭 Fiveにて刊行します 舞-HiME → 舞-乙HiME 藤乃静留 → シズル・ヴィオーラ本『しずるクロニクル』の本文サンプルを公開します。

この本に収録する連作短編集「しずるクロニクル」と中編「C2 - Crystal's Chronicle -」から、それぞれ冒頭の15ページくらいをPDFファイルにてアップしました。
「C2 - Crystal's Chronicle -」の方は、コミックマーケット 74にて刊行した同名のコピー本の内容に、さらに大幅追記したものとなります。

こちらの「内容紹介」よりリンクしていますので、ご興味のある方はご一読いただければと。

【2008年10月 新刊】 舞-HiME → 舞-乙HiME 藤乃静留 → シズル・ヴィオーラ本『しずるクロニクル』

しずるクロニクル

舞-HiME → 舞-乙HiME
藤乃静留 → シズル・ヴィオーラ FANBOOK

 
しずるクロニクル
 
 
本文: 本多由亨、
カーモさん佐脇未亜さん(お伽話は夜明けまで)
 
イラスト(マンガ、挿絵含む): あおば時雨さん(蒟蒻問道)、いしざきうにさん(Uni-Q)
こーきちさん(Tobepop!)、笹さん(あねご屋)、しろのさん(しろの絵場。)
水深さん
(blind star)、せしすするさん(サ行変格活用)、タケマルさん(カツラ屋)
つきみさん(戦場のマドンナ)、
石蕗晶長さん(リーヴス)、名取まちさん(ろくか)
ぬくぬくさん(猫と万華鏡)、ぶさん(武物産)、結城秋さん(ロジカルゼロ)
 
 

  • 舞-HiME/舞-乙HiME 藤乃静留 → シズル・ヴィオーラをメインに据えた中・短編集
  • オフセット新書判 約390ページ、うち カラー 14ページ
  • 小説部分については、コピー本『静留クロニクル』『シズル年代記』を核としてエピソードを大幅追加した連作短編集、中編1編、ゲストの方々による短編2編の、3パートで構成
     
     
    <<  内容紹介 >>

     ○イラスト・マンガ
     
       - 14人の描き手さんによる「舞-HiME」「舞-乙HiME」
        藤乃静留/シズル・ヴィオーラ関連 イラスト&コミック(カラー & モノクロ)
        ストーリー漫画、ギャグ漫画もあり
     
     
     ○連作短編小説 『しずるクロニクル』
     
        - 藤乃静留、シズル・ヴィオーラを中心とする連作短編
     
        既刊コピー本
    『静留クロニクル』『シズル年代記』を核として、
        エピソードを大幅追加しました
        挿絵は、
    いしざきうにさんに担当いただいています

        サンプルとして冒頭の15ページくらいをPDFファイルにて公開しています
        ご興味のある方は、こちらへ → 

     
     
     ○ゲストの方による短編小説
     
        -  佐脇未亜さんによる 静留 & 黎人話
         カーモさんによる 五柱話

         それぞれ 1編ずつ
     
     
     ○中編小説 『C2 - Crystal's Chronicle -』
     
        -  シズルの五柱就任 2年目、ナツキの五柱就任 1年目時点での
         アンナンを主な舞台とした中編小説
     
         そして、闘いの果てにむかえるエピローグ
         さらにその先には……

         既刊コピー本
    『C2』を、その導入部としています 
         挿絵は、
    ぬくぬくさんに担当いただいています

        サンプルとして冒頭の15ページくらいをPDFファイルにて公開しています
        ご興味のある方は、こちらへ → 

     
      
  •  『HARUKA ジャスティス!!』シリーズ(『HARUKA ジャスティス!!』『HARUKA ジャスティス!! The Second Execution』)、『ヲトメ列伝』と同一世界観での展開となります
    ただし、それらを未読の方でも楽しんでいただけるよう、配慮しつつ製作しましたので、四薔薇会の「舞-HiME」プロジェクト関連同人誌はお初の方でも、お気軽にどうぞ
     

    販売状況:
     
    10月13日 「舞-HiME」/「舞-乙HiME」オンリー即売会
    乙HiME☆復活祭 Fiveにて刊行しました

    「四薔薇会」参加の同人誌即売会にて販売中

コメント一覧

    • 1. 本多由亨
    • 2008年10月14日 23:39
    • 入稿後に気づくこととなりまして大変申し訳ありませんが、この本の記載内容について、いくつか訂正項目がございます。
      下記のURLにまとめましたので、ご確認くださいますよう、お願いいたします。

      http://www.yhonda.net/archives/51766841.html

【2008年8月 コミックマーケット 74新刊 & Web公開】 舞-乙HiME シズル本『C2』

シズル・ヴィオーラ 本

C2
- Crystal's Chronicle -


本文: 本多由亨
 
  • 舞-乙HiME シズル・ヴィオーラ メインの中編……のプロローグ部分
    2008年10月に開催される乙HiME☆復活祭 Five
    にて刊行する藤乃静留 → シズル・ヴィオーラ本『しずるクロニクル』に完全版を収録しています
     
  • 4月6日に開催された乙HiME☆復活祭 Forceにて刊行予定でしたが、間に合わなかったため(汗)、近日中にWebにて公開予定
    → コミックマーケット 74(夏コミ)にてコピー本として刊行 & そのあとにWebにて公開予定です

    → こちらにて、PDFファイルでWeb公開開始しました
      コミックマーケット 74で配布したコピー本の内容に、さらに大幅追記した、プロローグとしての完全版となります
  • ナツキはガルデローベ卒業直後、シズルは五柱として2年目くらいの頃の話

「片恋艶花」カラオケ配信決定

なぜかカラオケでの配信からずっと外されていたキャラソンアルバム「初恋方程式 第2楽章」から、藤乃静留(進藤尚美)「片恋艶花」が、ようやくJOYSOUNDで配信決定となりました。

JOYSOUNDにはリアルタイムリクエストというカラオケ店の端末やネットから配信リクエストができる企画があり、毎月200位以内に入ると基本的には数ヶ月のうちに配信となる仕組み。
「片恋艶花」は40位から50位くらいで5月末を乗り切り、現在、「配信決定」状態となっています。

この歌、前奏と後奏のセリフ部分がけっこう長い & キャラ的にはとても重要なので、そこらへんの再現度含めて期待したいところ。
 

でもって、珠洲城遥(柚木涼香)&菊川雪之(能登麻美子)「僕たちの勇気」は、いま現在、879票で4437位。
うん……まだまだ先は長い(汗笑)

舞-HiME キャラクターボーカルアルバム 「初恋方程式 第2楽章」

舞-乙HiME & 舞-乙HiME Zwei 総集編 DREAM☆BOX

これの続き……

バンダイビジュアルのあこぎな商売に付き合ってしまった以上(汗)、キッチリ見るぜ
というわけで(?)「舞乙」と「Zwei」の総集編DVD、しかもBOXの方……
まずは「Zwei」の総集編だけ見ましたよ。
もちろん、事前に告知のあったラストシーンの新作映像4分を主目的に。

まず、その4分も含めて本編の尺が1時間13分くらいなので、「Zwei」の本編部分は単品売りされたDVD各巻から、あちこちだいぶカットされています。
(そういう意味では、ラストの追加シーンがあれど、この総集編=Zwei完全版というわけではない)

話全体の流れを優先するのは、まあ当然のこととして……となると、遊びのシーンとかキャラごとのちょこちょこした絡みのシーンから削られていくので、第2話の部分とか第3話の部分とか、かなり短くなっています。
というか、第2話のエアリーズがらみはそれでもまんべんなくキャラの出番があるのだけど、第3話のシホとかアカネとかが特に……(汗)

例のラストの追加4分は、第4話のラストシーンを差し替える形となっています。
第4話の時はガルデローベの大階段を上ったリボンちゃんが「オトメになる」という決意を語るものでしたが……
この総集編では、同じくガルデローベの大階段を上ったリボンちゃんが、たまたまそこでゴルフの練習をしていた(笑)ナツキに対して、オトメになるという決意を語って会話……でもって、ほかのキャラも合流してくるという流れ。

内容的には……スミマセン、ぶっちゃけもっと手すさび的なものが出てくるかとネガティブな予測をしていたもので(汗)、良い方向に裏切られましたわ。

ハルカが出てきて、ちゃんとハルカ然と振る舞っているというのが、まずは嬉しいところで(汗笑)
でもって、そのハルカとナツキとシズルとが(アリカとマシロの夢でもある)全世界からオトメの総数を削減していくというZwei時点での時流に対してのそれぞれの意見を、ここにきて語ってくれているのがいい。

オトメシステムをなくしていくことをシズルが是としていないのは、さもありなんだと思うし、そんな彼女に対してハルカが力強く同調しているという構図がね……
ええ、たまらんですよ(笑)

ナツキとともになんの気兼ねなくいられる極めて都合のいい状態を維持するうえでシズルはオトメシステムをなくそうとは(表面的な対応はともかく、少なくとも真意としては)思わないだろうし、ハルカもユキノとの関係性において同様だろうと、自分の同人活動的にずっと考えていたので……
それを公式のものとして、だいぶ明確な形で提示されてきたのはありがたくもあり、嬉しくもありです。
ナツキが学園長の立場もあって苦悩しちゃってる(=リボンちゃんへの返答が、どうにも煮えきれない)あたりも、もちろん含めて、ですね。

ちなみにナツキからナオへの「今度はどこに飛ばしてやろうか」発言は……精一杯好意的に解釈すれば、「ただの照れ隠し」だと思いますですよ

……ごめんなさい、自分でもかなり無理はあると思った(汗)

舞-乙HiME & 舞-乙HiME Zwei 総集編DREAM☆BOX (初回限定生産)

ヲトメグラフ プレミアム + アイドルマスター XENOGLOSSIA Sweet Memories

やはり、Amazonをぶらぶらしていて気づいたネタ……

一迅社の「舞-乙HiME」ムック本、「ヲトメグラフ」の第2弾が2月に発売されるようです。

舞-乙HiME ヲトメグラフ プレミアム
舞-乙HiME ヲトメグラフ プレミアム

てことは、前号で予告されていたとおり、エアリーズ特集でしょうか?

まあ、さすがにアレはネタだったんだろうなと密かに割り切りつつ(汗)……
公式サイト学園指定教材ページでは内容の紹介もちょっとありますな。

アリカ、シズル、ハルカのインタビューとか普通に気になりますな。

あとグラビアとか、どこらへんの時期の記事が中心になるのかが……
このタイミングで出る本ということは、やはり「Zwei」前後なのかなと推測。

でも、ハルカ&シズルの代のトリアス3人目の設定とかも、そろそろ出していただきたいところではありまして(汗笑)
「ヲトメグラフ」で姿だけ登場して以来、ずっと気になっているわけで……
てっきり「Zwei」のどこかで出てくるものと思っていたのだけどなぁ。

まあ、2月中旬のタイミングで発売されるのならば4月のオンリーイベントでの新刊に間に合うので、ちゃんと発売されるよう今回も祈っておきます。
 

あと「アイドルマスター XENOGLOSSIA」のムック本も、やはり一迅社より、昨年の12月発売から延期されて1月には発売予定のようです。

アイドルマスター XENOGLOSSIA Sweet Memories
アイドルマスター XENOGLOSSIA Sweet Memories

これもちゃんと発売されれば、今後の同人活動の資料として、かなり役立つことになりそうです。
いや、「ゼノグラシア」で同人誌を作るわけではありませんが(汗)

コメント一覧

    • 1. 本多由亨
    • 2008年02月16日 21:21
    • 「ヲトメグラフ プレミアム」の発売日……延びてるなぁ(汗)
      いや、クオリティを低めて出されるよりは、延ばしてしまうほうがよいわけですが。

      いまのところ3月18日か……
      4月あわせの新刊に反映できるか、ギリギリだ。

【2007年12月 冬コミ新刊】 舞-HiME/舞-乙HiME 静留 → シズル本『シズル年代記』

 
藤乃静留 → シズル・ヴィオーラ 本

- Sizuru Chronicle  Part II -
シズル年代記

本文: 本多由亨
表紙イラスト: いしざきうにさん
 

コメント一覧

    • 1. 本多由亨
    • 2007年12月15日 22:52
    • このコピー本『シズル年代記』と前編となる『静留クロニクル』とを核とした連作短編集+ほかにもあれこれひっくるめて1冊にまとめ、静留→シズルをメインテーマとするオフセット新刊を2008年の夏コミあわせで製作するつもりでいます。

      内容やコンセプトについては、2008年に入ってからにでも。

【2007年8月 夏コミ/9月 乙HiME☆復活祭 Try新刊】 舞-HiME/舞-乙HiME 静留 → シズル本『静留クロニクル』

 
藤乃静留 → シズル・ヴィオーラ 本

- Sizuru Chronicle  Part I -
静留クロニクル

本文: 本多由亨
表紙イラスト: いしざきうにさん
  • 舞-HiME/舞-乙HiME 藤乃静留 → シズル・ヴィオーラ メインの連作短編小説
    コピー本で全2冊刊行予定。今回はその前編部分となります
  • 今回は静留&なつきが中心……かな?
     
  • 8月17日のコミックマーケット 72にて配布したものは「先行版」
    9月23日の「乙HiME☆復活祭 Try」以降にて配布したものが「完全版」
    となります
  • 続編となる「Part II」は、2007年から2008年頭くらいの、どこかイベントで刊行したいと考えています
  • 静留本ですが、『HARUKA ジャスティス!!』『HARUKA ジャスティス!! The Second Execution』で本多が担当した話のサイドストーリーも兼ねています
    この本 単独でも楽しめるように仕上が……るといいなと(汗)

トラックバック一覧

  1. 1. C72:ゲスト:静留クロニクル

    • [うに練習]
    • 2007年08月16日 22:10
    • 四薔薇会さんのC72新刊、 『- Sizuru Chronicle Part ...
お知らせ
このサイトに関する諸注意は、こちらをご参照ください

2005年7月16日以前のBlog移行前のログについては、、

 ・トップページ(ニュース)は、こちら

より、ご参照ください。
Hot Topics
同人サークル・四薔薇会の同人即売会へのサークル参加予定について

次は12月29日(日)-31日(火)に東京ビッグサイトで開催されるコミックマーケット85に、1日目(29日)にサークル参加予定です。
他の日の委託頒布も含めて、情報は随時こちらを更新します。

2014年初頭は1月26日(日)に人形町 サンライズビルで開催されるもう何も恐くない13にサークル参加予定です。

最近のイベントにて頒布しているものについては、こちらをご参照ください。
月別アーカイブ
カテゴリ別で表示
TagCloud
最近のコメント
同人活動
最新のイベント参加予定や新刊・既刊情報は、こちらをご参照ください
一部の本は、下記リンクの書店にて委託販売いただいています
各書店の通販サイトにて「四薔薇会」で検索ください

とらのあな
めろんぶっくす
まんだらけ
COMIC ZIN
メロンブックス DL
DLsite.com
pixiv
リンク
カテゴリー別リンク
 ・DVD関連

個人/サークル/クリエイター
登録ポータル/リング
協賛・支援など
まきますか?まきませんか?
同人誌印刷
(有)ねこのしっぽ
POPLS
緑陽社
巡回 I
はてなアンテナ
QRコード
QRコード
プロフィール
Blog移行前のログ
2005年7月16日以前のBlog移行前のログについては、、

 ・トップページ(ニュース)は、こちら
 ・掲示板(日記)は、こちら

より、それぞれご参照ください。
Amazon 検索
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト
Twitter
Amazon アソシエイト(2)


忘却の旋律 DVD-BOX 1
【初回限定生産】


「忘却の旋律」オリジナル・サウンドトラック
THE MELODY OF OBLIVION


忘却の旋律企画アルバム
「旋律劇場へのイザナイ」


Will


てのひらの光


少女革命ウテナDVD-BOX
前編【初回限定生産】


少女革命ウテナ
コンプリートCD-BOX


シスター・プリンセス &
シスター・プリンセスRePure
DVD-BOX


舞-HiME 5


舞-乙HiME Zwei
COMPLETE [Blu-ray]


舞-乙HiME 0-S.ifr-
COMPLETE [Blu-ray]


「舞-HiME」ベストコレクション


「舞-乙HiME」 ベストコレクション


「舞-乙HiME」ドラマCD Vol.2


舞-HiME★DESTINY 龍の巫女
ドラマCD


舞-乙HiME
ヲトメグラフ プレミアム


舞-乙HiME Zwei


舞-HiME
Side-A 秘密の花園


舞-HiME★DESTINY ~龍の巫女~
プリズン・キャスト


舞 HiME狂走曲
猫姫@日記


アイドルマスター XENOGLOSSIA (1)


アイドルマスター XENOGLOSSIA
ベストアルバム


アイドルマスター XENOGLOSSIA
キャラクターボーカルアルバム Vol.1


アイドルマスター XENOGLOSSIA
オリジナルドラマ VOL.1
「週間十六夜寮」


宇宙をかける少女
Volume 1 [Blu-ray]


奥さまは魔法少女 第1巻


瓶詰妖精 Bottle fairy BOX


BPS バトルプログラマーシラセ


魔法少女リリカルなのは Vol.1


魔法少女リリカルなのはA’s Vol.1


GA キャラクターコレクション
烏丸ちとせ


ミュージカル「ギャラクシーエンジェル」


まほらば~Heartful days
第1巻 (期間限定版)


トップをねらえ2! (1)


機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-


コードギアス 反逆のルルーシュ
volume01 (Blu-ray Disc)


コードギアス 反逆のルルーシュ R2
volume01 (Blu-ray Disc)


よみがえる空 ―RESCUE WINGS―
DVD-BOX (初回限定生産)


あさっての方向。1


シゴフミ 一通目


桃華月憚 月華之抄


キューティーハニー THE LIVE 1


大奥 【DVD付初回限定盤】


Akasha
(初回限定盤)(DVD付)


TRIBUTE TO MASAMI OKUI
-Buddy-


ラブひな
OKAZAKI COLLECTION


Darling(初回限定盤)


Love Aice5


堀江由衣 クリスマスライブ
-由衣がサンタに着がえたら-


THE MUSEUM(DVD付)


GREAT ACTIVITY
(2007年限定製造盤)(DVD付)


NANA MIZUKI LIVE FIGHTER
BLUE×RED SIDE [Blu-ray]


ファンタジア


メトロノームエッグ


クロニクル(DVD付)


happyend


Get over the Border!


空ノ言葉(初回限定盤)(DVD付)


here I am


Parade(初回限定盤)


Minori Chihara 1st Live Tour 2008
Contact LIVE DVD


dream link


LIVE TOUR 2008
dream link LIVE DVD


REFLECTION

  • ライブドアブログ