labyrinth <--> exit ブログ

 Yoshiyuki Honda's HomePage/Blog

能登麻美子

2011-05-15 の twitter投稿

うちの近所には 黒:茶:白=5:3:2 という比率の三毛猫がいる

posted at 23:24:04


やっぱり平田裕香は別格だなぁ、、 何が?(汗)

posted at 22:44:11


すごい日高里菜いじりだ、、

posted at 22:42:25


うを、、CLUB AT-Xを録画で見ていたら、戦国乙女の天下取り隊じゃない方がそろって出てきた。キタエリと平田裕香が

posted at 22:41:21


そうだ、、生々しい能登キャラといえば「よみがえる空」じゃないか(汗) 今回自分が言いたかったのは「生々しい」というより「あけすけな」なのかな、、

posted at 22:33:13


「ゼノグラシア」ドラマCD最終巻での酔っ払い演技は、あの人のひとつの到達点だと思う。マジで(笑) RT @matsu009: @YoshiHon 個人的には生々しい能登の妙な浮かれ加減がいとおしくて溜まりません。

posted at 22:26:49


脚本、知らない人だな、、覚えておこう。つか、絵コンテがあの人だったら、そりゃスピード感あるよ(汗笑)

posted at 22:25:39


すげえ面白いのだけど、常につきまとう「これでいいのか?」感(汗笑)

posted at 22:20:22


あとは「ムネモシュネの娘たち」の麻生祇燐や「青い花」の四姉妹のひとりか

posted at 22:17:16


なんか、突き抜けちゃってるんだけど。誰だろう、今回のいろはの脚本書いたの、、

posted at 22:14:19


警察の介入招いてもおかしくないレベル、、 というか、これは警察呼ばれるんじゃないか、さすがに

posted at 22:12:46


能登声の生々しい女性って、、まあ、黒沼爽子はちと別格として、「ゼノグラシア」の名瀬さん以来ですかの、、

posted at 22:06:58


一瞬だけラストサムライに変えたけど、原田眞人の声は原田眞人が吹き替えてるのかな、、

posted at 21:59:27


地上波深夜にやっていた第1シリーズの時から引っ張りまくっていたドイツの出番、終了。予告見るかぎり来月もヒートアップだよ

posted at 21:58:35


剣崎、カッコイイ。しかしもう、展開の速さがもったいなくって、、

posted at 21:50:49


試合中に思いっきり介入(治療?)とか、、ギリシャのアポロンさん、マジパネェっす

posted at 21:37:49


何のフラグだ、これは、、(汗笑 RT @matsu009: 見つかった… 今度飲みに行きましょう!帰りは僕が家までお送りしますんでヘッヘッヘッヘ RT @YoshiHon ありがとうさんです。これで、、 これで、、、 RT @twit_nuku2: おっとファスナー落としましたよ

posted at 21:37:01


ありがとうさんです。これで、、 これで、、、 RT @twit_nuku2: おっとファスナー落としましたよ RT @YoshiHon: どこー? 俺の背中のファスナー、どこーー?(汗)

posted at 21:30:09


ドイツ戦 3試合をBパートのみで消化する超ハイペース。 展開がギリギリ破綻していないのは、素直にすごいと思う、、

posted at 21:26:14


どこー? 俺の背中のファスナー、どこーー?(汗) RT @matsu009: @YoshiHon 本多さんの背中のチャックを下げると中からおっぱい美女が…(ゴクリ)

posted at 21:23:29


わがらん(汗) いや、、わけがわからないよ 「本多由亨」の名前の裏の意味は【美女】です。 http://shindanmaker.com/120001

posted at 21:20:09


リンかけ、、面白いんだけど、展開が駆け足すぎて(汗)

posted at 21:19:06


つか、今日はANIMAXで「リングにかけろ1 世界大会編」の放送日だよ。月に2話だけのお楽しみだよ

posted at 20:41:31


あと、「四畳半神話大系」と「さらい屋 五葉」って、もう1年前の作品だっけか?など、、 でも、そういや引っ越しの作業しながら録画したのを見ていた気もするな

posted at 20:29:38


飯食いながらWikipediaでノイタミナの情報を調べていたのだけど、、放送順の記憶が自分の中の記憶と全然違っていて困惑する。「東のエデン」って、「墓場鬼太郎」や「Genji」よりもあとだっけか、、

posted at 20:26:44


帰宅。キャンペーンで200円も安けりゃ、そりゃみんなミックスグリルか焼肉定食頼むよ、、てな感じの店内だった

posted at 20:24:32


夕飯。久々のやよい軒(小清水)

posted at 20:00:53


「江」は萩原聖人(石田三成)がとてもカイジくんの中の人とは思えない手下キャラ加減でよいですね。秀吉死後の展開も楽しみ

posted at 18:43:51


今年も12月は「坂の上の雲」をやること踏まえると、「江」も全体の折り返し点まで来ているんだよなぁ。いま秀吉が関白になったあたりだし、そんなものか、、

posted at 18:08:29


キタエリがメインの回はまだですか? そろそろですか?

posted at 17:27:16


なんという岡本信彦

posted at 17:22:47


いい熱血キャラだなぁ、、 ジャンプの漫画みたいだ

posted at 17:21:24


ソ・ラ・ノ・ヲ・トが響きそうになったぜ、、

posted at 17:17:19


まろまゆがキタエリなんだよな、、

posted at 17:11:13


青の払魔師開始

posted at 17:01:12


放送自体は地上波のフジで見ていたから致命的ではないけれど、これまでBD焼くために録りためていた分が、、 そのうちANIMAXあたりで放送するのを期待するしかないかなぁ

posted at 14:55:48


しまった。昨晩のBSフジでのフラクタルと放浪息子の放送、それぞれ2話連続だったのか。見事に最終話だけ録画し損ねた(汗)

posted at 14:54:50


飯と買い物から帰宅。来週のコピー本用の紙を買ってきた。あとは2日連続でブックオフに行って、ピンと来るレイアウトの本を探すなど。結果、、探せばあるものだね

posted at 14:28:12


強制配達、、というか強奪エンド

posted at 12:57:41


竹達からクレームいただきました

posted at 12:57:23


あきらかに邪魔してるな熊は

posted at 12:57:00


スージー・ズー待機。今週は家で見れるな。来週は蒲田だろうけど(汗笑

posted at 12:52:43


うへえ、、ウルトラマンメビウスって、もう5年前の放送なのか。時間経つの早すぎるよ

posted at 12:30:05


もう昼かよ。早いな

posted at 12:01:26


社交性には欠けるけど、招かれたら招かれたで、なにやら照れくさい顔しながらケーキを食べるよ。キリコだし RT @musasi_kudubosi: ほむほむ「(面倒くさいわ・・・)」杏子「(食い物があるなら・・・)」何となく社交的なほむほむが想像つかない。あいつキリコだし。

posted at 11:28:25


マミさんはがんばってホームパーティとか開こうとするよ! 必死になってケーキ作るよ!! RT @musasi_kudubosi @YoshiHon ほむほむ「ちっ」杏子「ちっ」マミ「(・・・二人とも何か冷たい)」

posted at 11:17:40


新たなるエリア88、、サキ・ヴァシュタールの戦う場所はそんなところに(汗笑) RT @sugitaLOV 祖父が今年で88歳だった驚異。とんだエリア88だ。

posted at 11:16:40


でも、、初期話数の仲間候補: まどか、さやか → 最終的に残った仲間: 杏子、ほむら  面子が全然違ぇ(汗笑)

posted at 10:55:27


マミさんは復活したうえに一緒に戦う仲間得るという望みがかなってしまったので、、実はあの中で最も救われたキャラではあったのですな

posted at 10:54:10


ニュータイプで「まどか☆マギカ」最終回特集の声優インタビューを読む。キタエリ、野中藍、新谷さん、吉田聖子(上条の中の人)が四者四様にTVシリーズの結果については足りないものを抱いていると解釈。 まことに勝手ながらではあるけど、自二次創作のモチベーションにつながることつながること

posted at 10:28:57


おっき、ゴーカイから見よう

posted at 10:13:50


やめてくれないか! まりあほりっくを見ているような気分にさせるのは(ぉぃ) RT @okomika: 【まどかMAD】どんだけ!巨乳のマミさん!【ゴッドシグマ】 (1:30) #nicovideo #sm14262912 http://t.co/sN4jiMM

posted at 02:37:15


いま、主にお願いしているところ(立川越えて青海線の方)、たまにお願いするところ(武蔵小杉のあたり)、今度お願いしようとしているところ(分倍河原)と、、南武線が自分にとって印刷所行くための鉄道となりつつある(汗笑)

posted at 02:27:54


印刷所、、分倍河原なら営業日である土曜日のうちに出向いてしまうのも手だったんだよな、、 相変わらず要領の悪い自分だ(汗)

posted at 02:25:49


pixivにおすすめユーザー機能が付いていた。いつのまに、、

posted at 02:04:41


松戸か。千葉県だな 松松戸 http://shindanmaker.com/69249 #sphere

posted at 01:31:45


高垣以外の何者でもない高垣 高垣高垣 http://shindanmaker.com/92654 #sphere

posted at 01:29:04


デッドマンワンダーランド、、その罰ゲーム描写はリアルげで、きつい、、(汗)

posted at 01:25:43


企業相手とはいえ、初めてコンタクトを取る先にメールを送るのはいまでも緊張します。はい

posted at 01:17:37


7月10日あわせの杏子・さやか・仁美本、、「こういう仕様にしたいんですけど、、」というメールを印刷所に送ってみた

posted at 01:15:58


結局、キョウコ・ツマブキの話題は微塵もなかったなぁ、「ぼいすた」ささきのぞみ回。無念、、

posted at 01:02:16


次回は新ジャイアンと ゆり(AB)の中の人か。しかしジャイアンの中の人、予告だけ見ても顔立ちの濃さが際立つころ際立つこと

posted at 01:00:49


楽しい妄想だなぁ、、

posted at 00:58:12


ささきのぞみの妄想をボイスドラマ化、、だと

posted at 00:55:42


朗読少女じゃねーか!(笑)

posted at 00:48:48


ささきのぞみの友達として、6人目にして名前が出てくるキタエリであった

posted at 00:34:41


まあ、「僕等がいた」の主人公と「禁書目録」の御坂妹が代表的だよな、、

posted at 00:33:17


さて、ささきのぞみの回

posted at 00:30:24


水樹奈々「SCARLET KNIGHT」のPV見てて さやかの魔女空間を想起してしまうのは、いまそうとう捕らわれている証拠だなぁ、、と思った(汗) 色は青と赤(緋)で逆ですけどな

posted at 00:04:26


ネコミミ小清水のしっぽの付け根あたりをですね、、 RT @betanyan: 犬耳ほっさん頭を撫でるのもいいけど背中も撫でてあげたい!

posted at 00:02:15

【小説Web公開】 舞-HiME 『生徒会執行部の いちばん長い日』

pixivにて公開しています。

2006年の春に刊行した同人誌「舞-HiME/舞-乙HiME」 珠洲城遥/ハルカ・アーミテージ本 『HARUKA ジャスティス!!』( http://www.yhonda.net/archives/50546478.html )に収録した話のひとつとなります。
それなりの長さの中編となっていますので、4分割で投稿しています

 http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=62349
 http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=64022
 http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=65258
 http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=66376

珠洲城遥メインの話ですが、ほぼ全キャラ登場している、、かな。

「舞-HiME」TVシリーズ 第9話と第10話の間くらいの話となります。

【小説Web公開】 舞-HiME 『青の時代 序章:運命(デスティニー)』

こちら(pixiv)にて公開しています。

2008年の秋に刊行した同人誌 「舞-HiME/舞-乙HiME」藤乃静留→シズル・ヴィオーラ本『しずるクロニクル』( http://www.yhonda.net/archives/51451655.html )に収録した話のひとつとなります。
本来は本全体のエピローグ部分なのですが、この話だけでも独立した一編として読んでいただくことが可能、、かもと判断しまして、アップしてみました。
『しずるクロニクル』のエンディングであると同時に、そのあとに書いた連作短編『青の時代』シリーズのプロローグ部分にもなっているという、ちとややこしい位置づけでもあります。

時間軸的には「舞-HiME★DESTINY」本編の2年前。静留となつきが初めて出会ったときの話となります。

【小説Web公開】 舞-乙HiME 『ユキノ追想録』

こちら(pixiv)にて公開しています。

2008年の秋に刊行した同人誌 「舞-HiME/舞-乙HiME」藤乃静留→シズル・ヴィオーラ本『しずるクロニクル』( http://www.yhonda.net/archives/51451655.html )に収録した話のひとつとなります。
連作短編の中のひとつ「雲< cloud > - ユキノ・クリサント」を短編として切り出すにあたって改題しました。内容は同人誌収録版とほぼ同じとなっています。

ハルカとシズルがトリアスとなり、ナツキと舞衣がガルデローベに入学したあと。
ドラマCD「シズル・ヴィオーラ回顧録」直後くらいのお話です。

2010-04-13 の twitter投稿

  1. 遥は満開の桜が似合うイメージがあるなぁ、、 最終回の印象が影響してるんだろうか、、 桜? | うっかりウカ http://p.tl/i/9994967#pixivtweet
  2. twitterのログをブログにアップできるかはt2bの機嫌次第になりつつある。 そんな他人便りなことではいかんのだが、、(汗)
  3. 「とらドラ!」最終巻を鞄につっこんでおこう、、
  4. あとがき読んだら、アニメ化で喜びまくっている原作者さんが、、 トリノも遠くになりにけりだ(大汗)
  5. 「銀盤カレイドスコープ」第5巻、読了。 いまさら何を読んでるんだという気は自分でもしますが、、 女の子ものでスパルタンな話が読みたかったくらいのものですよ(汗笑) トリノも遠くになりにけりだ、、
  6. クェイサー と れでぃ×ばと と ちゅーぶら のBD/DVDをフルコンプ予定している人挙手ノ (汗
  7. 小池一夫先生のつぶやきは「ん」が「ン」になるものかと思っていたら、そンなことはなかったンだ、、
  8. もう、スーツをベースに脱いだり着たりの体温調整に慣れ切ってしまってたんだな、、俺(汗
  9. 私の場合、Favorite(星)は、あとからレスさせていただこうかなと思ったつぶやきに一時的につけておきます。 だから、消えたとしても気にしないでいて欲しいのだ(汗
  10. 5回か、、
  11. 週アスに声優記事がない週はない(気がする
  12. 帰宅中。 週アスは今度は小清水とキタエリのインタビューか
  13. まあでも、ようやっと温んできたかな、、
  14. ネクタイ要らないのに、防寒のためにわざわざしめて通勤する始末ですよ
  15. 楽しみにしています! RT@utsuro: 予算を捻出してくれたらやるぞ RT@suishin:@utsuro@ktzawa あなた方二人と、もう一人達人を加えて、「風俗で声優(そっくりさん)を見た!」って本を夏に出してください
  16. Windowsが起動しなくなったデスクトップPC、、リカバリ用のソフトがCD起動すらしないあたりからすると、マザボがひそかに逝っちゃってるのかもしれないな(汗)

Powered by t2b

2010-04-08 の twitter投稿

  1. YoshiHon正しかったといえば、、ご自身でコスプレをされたことでしょうか(汗笑) RT@ikuni_noise: レイちゃん派のオレとしても北川景子はいいと思うよ オレは正しかった(なにが
  2. YoshiHonつか、サ(略)といってもサンレッドじゃないぜ、、注意だ(汗)
  3. YoshiHonそして、ただひとり復讐に生きる男、スパイダーマン!!
  4. YoshiHon太陽政党サ(略)なんて、最初から最後まで3人だぜ。でも司令は岸田森なので最強くさい RT@musasi_kudubosi:@YoshiHon 大変だ。党員が五〜七人しかいない。
  5. YoshiHonであれば、助かるかも、、 いまだに5GoGoはまるまる見ていないんだよなぁ(汗、、SSはBS11で視聴中)
  6. YoshiHon帯枠放送ということは、3ヶ月くらいで5GoGoに移るのかな、、 RT@kohkichi: DVDで5話見終えた。もうMXでやってる間は日課にしようかね。どうせBS11で半年後に始まっても見るんだろうけど(笑
  7. YoshiHonほかにも「見て見ぬふりなんてできない」電撃政党チェ(略)とか、妙にスピリチュアルくさい光政党マ(略)とか、たまに宮村優子が出てくる救急政党ゴ(略)とか、大乱立時代の予感ですよ(ぉぃ)
  8. YoshiHon選挙ポスターのスローガンは「目覚めよ(めざめよー) 若き獅子たちよ(ししたちよ)」<大政党ゴー(略) *Tw*
  9. YoshiHon「立ち上がれ 立ち上がれ 平和の使者たちよ 叫べ飛べ 叫べ飛べ 愛の戦士たちよ 愛する国を守るために ゴー(略)」党・宣言(命名:小池一夫)  (汗笑)
  10. YoshiHon茅原の武道館は当選しましたよ、、と、報告ぎみに
  11. YoshiHon風邪引くと仕事しながら快復してくるか悪化してくるかのどちらか。 今回は後者(汗
  12. YoshiHon日本再興の鍵はジョバンニだったか、、
  13. YoshiHon能登完遂はできないけど、寝る(汗) まあでも、、存分に癒されました
  14. YoshiHonつか、15日の桑島法子・回は攻め時ですかね? と、桜月さんにうかがってみる(汗笑) http://www.joqr.co.jp/topics/syy.php >桑島への疑問、質問、桑アニメ、桑キャラ、桑ソン(最新のものから古いものまで、エピソードを書いて)などを募集します。
  15. YoshiHonぬ、、 黒沼爽子がいる(汗笑)#agqr

Powered by t2b

舞-HiME COMPLETE Blu-ray BOX

舞-HiME COMPLETE [Blu-ray]舞-HiME COMPLETE [Blu-ray]
出演:中原麻衣
販売元:バンダイビジュアル
発売日:2010-01-27
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

「舞-HiME」のBD-BOX、到着しました。


これも含めたバンダイビジュアルのBD/DVDにはEMOTION FAMILY CLUBという独自のポイントシステムがありまして、2010年1月31日までのシリアルナンバー登録を対象にBlu-rayソフトのポイントを2倍にするキャンペーンを実施中

で、、
このBD-BOXは2900ポイントにもなるので、けっこう侮れません。
1ポイント=1円換算でバンダイビジュアルのDVD、もしくはBDに交換できますし。


BOXジャケットは久行宏和さんの描き下ろしアフィリエイトの画像のとおり(汗笑)ですが、、
中に入っているインナージャケット 3種も久行さんの描き下ろしになっています。

3種合わせて、HiME+真白、凪、深優、遥といった構成なのだけど、、
なぜか詩帆がいない&楯もいない(汗)


新作映像特典となる「黒の舞/最後の晩餐」については、、
まあ、公式サイトのアフレコインタビューで語られ、CMで断片的に見れるとおりの内容、、くらいのものですよと。

ある夏に黎人が舞衣と命に誘われて海に繰り出したら、かつてのHiMEたち(+遥と陽子もいる)によって砂浜に埋められ、辛い食べ物責めにあうという、、ただそれだけの内容(汗)
ノリ的にはCDドラマに近いですな。
ビジュアル的には水着祭ですが。

細かいところでは、命が高等部の制服を着ていたりとこだわりが散見され、、
黎人さんはややキャラが崩されすぎかなぁ、、
ものすごく好意的に解釈すると、TVシリーズではああいう俗物な表情が描かれていなかっただけかもしれない(汗笑)

雪之が黒い方向へとたくましく成長していたのが、自分にとっては最大の収穫でしたわ。
そりゃ絶対に許しはせんだろうからなぁ、、“あの人”のことは。

声優・能登麻美子

なんか、レーベルの枠を越えて能登のキャラソンを集めたアルバムが出る、という話を1ヶ月ほど前に小耳にはさんで、ずっと気にかけていたり。
それって、Lantisから発売予定のこれ↓のことか

 http://www.lantis.jp/new-release/data2.php?id=3732eb668df9eed932dfe851fb71c377

キャラクターソングコレクション MAMIKO NOTO CHARACTER SONG COLLECTIONキャラクターソングコレクション MAMIKO NOTO CHARACTER SONG COLLECTION
アーティスト:能登麻美子
販売元:Geneon =music=
発売日:2009-02-25
クチコミを見る

まあ、能登好きの端くれを自認しても石を投げつけられたりはしないかな、くらいには思っているところの私ですが……
そんな自分にとっては能登の人って、あまりキャラソン歌いとしてのイメージがなかったりします。

それってのは結局、自分の特にお気に入りの作品での能登キャラが……

 ・キャラソンを歌っているのだけど、ソロではなくコンビかユニット
  (例: 「舞-HiME」)
 ・キャラソンなんて、そもそも期待しようもない
  (例:「よみがえる空」「忘却の旋律」)

からなんだよな(汗)
ですので、まとめて能登のキャラソンに触れれるこのCDは新鮮な経験となってくれそう。

つか、リストアップされた曲目とキャラを見るかぎりでは、能登キャラの中でも、けっこう一癖ある面々が多くないか?(汗笑)
この流れだとなんか、「sola」の四方茉莉や「灼眼のシャナ」のヘカテーが「割と標準的な能登キャラ」に見えるから不思議ですわ。
一発目に「ヤミと帽子と本の旅人」の葉月を持ってくるなんて、相当に「わかっている人」の仕業だと感じる。
あるいは本人のチョイスかもしれないけど。

キャラ同士の掛け合いによるMonologueも、奇妙な化学反応を期待できそうで、また楽し。
でもって、ここまで見せて(聴かせて)くれるのなら……藤堂志摩子 meets 閻魔あい みたいな取り合わせも見てみたいよなぁ……やっぱり(笑)
あとは、忘却の旋律 meets 宗像名瀬(飲酒)

「片恋艶花」カラオケ配信決定

なぜかカラオケでの配信からずっと外されていたキャラソンアルバム「初恋方程式 第2楽章」から、藤乃静留(進藤尚美)「片恋艶花」が、ようやくJOYSOUNDで配信決定となりました。

JOYSOUNDにはリアルタイムリクエストというカラオケ店の端末やネットから配信リクエストができる企画があり、毎月200位以内に入ると基本的には数ヶ月のうちに配信となる仕組み。
「片恋艶花」は40位から50位くらいで5月末を乗り切り、現在、「配信決定」状態となっています。

この歌、前奏と後奏のセリフ部分がけっこう長い & キャラ的にはとても重要なので、そこらへんの再現度含めて期待したいところ。
 

でもって、珠洲城遥(柚木涼香)&菊川雪之(能登麻美子)「僕たちの勇気」は、いま現在、879票で4437位。
うん……まだまだ先は長い(汗笑)

舞-HiME キャラクターボーカルアルバム 「初恋方程式 第2楽章」

舞-HiME★DESTINY 龍の巫女 ドラマCD

これの続き……
というわけで、実質4巻目なCDドラマ第3巻にして、完結編。

ニナも登場、舞衣も再登場。
でもって、速水奨は超久々のゼロ役を演じきってくれて、真夜&しおんも存分に主役としての見せ場を見せきってくれた。
まったくもっての大団円でした

が……
遥はいるけど、雪之の出番がないわけで(汗)

モノマネとかでフォローしてくれているあたりからすると、邪険に扱われているわけではないと思うのだけれど……
うーむ、だとしたら、なぜにまたこんなのことにと、逆に疑問が(汗)
能登麻美子のスケジュールが押さえられなかったのなら、別録りとかでも構わないと思うんだけどな……
まさか予算が足りなかったとか? うーん(大汗)

まあ、大活躍をしながらも明らかに気持ちをもてあましてしまっている遥( with やはりトゲトゲがついていたサイコ鉄球)を見れた(聴けた)のは、珍しいといえば珍しいのですが……
これはちょっと、ねぇ?

そこらへん大きな不満はありますが、シリーズ全体……「舞-HiME★DESTINY 龍の巫女」のドラマCD化としては、存分なできではないかなと。
小説版未読でドラマCD聴かれている方……は、少ない気もするけど(汗)、もしいらしたら、小説版も読まれることをオススメします。
話の流れとかはだいぶ違いますが、トータルで見ればドラマCD版を軸にキャラも話もふくよかにふくらませた感じなので(笑)

その小説版の最終回 一話前と最終回……
「キャラの!」で読んではいるのですが、どうも特に最後の方が大幅に書き足されそうな気が希望含みでするので(汗笑)
感想は、完結巻となる文庫の第2巻が出たあとにでも書こうかと思います。

ドラマCD第3巻に収録された恒例のCM(笑)によれば、文庫の第2巻は「夏頃発売」とのこと。

舞-乙HiME Zwei スペシャルパッケージ 4 (最終巻)
舞-HiME★DESTINY ドラマCD Vol.3
舞-HiME★DESTINY ドラマCD Vol.2
舞-HiME★DESTINY 龍の巫女 ドラマCD
舞-HiME★DESTINY ~龍の巫女~ プリズン・キャスト

舞-乙HiME/舞-HiME ハルカ・アーミテージ/珠洲城遥本 『HARUKA ジャスティス!! The Second Execution』 誤植について

4月1日に刊行いたしました舞-乙HiME/舞-HiME ハルカ・アーミテージ/珠洲城遥本 『HARUKA ジャスティス!! The Second Execution』にて、かなり大きな誤植があることを発見しました。

いや、いまさら気づくこと自体が不覚すぎるのですが……(汗)

具体的には395ページ目(最後から2ページ目)、参加者の皆様のホームページを紹介する箇所にて、水原七重さんの「まいなす」さんのURLが間違っています。

本の方には、

 http://www.ichigocafe.com

と記載されておりますが、正確には、

 http://mainasu.ninpou.jp/

です。

上の方にある「Uni-Q」さんのアドレスをコピーで持ってきて、そのまま修正するのを忘れてしまったというケアレスミスではあるのですが……
ご参加いただいて素晴らしい原稿をあげていただいたにもかかわらず、ご紹介のミスをしてしまったこと、およびチェックが弱かったことを、お詫びいたします。

【2007年4月 星姫の舞 乙 新刊】 舞-乙HiME/舞-HiME ハルカ・アーミテージ/珠洲城遥本 『HARUKA ジャスティス!! The Second Execution』

『HARUKA ジャスティス!! The Second Execution』(ハルカ)『HARUKA ジャスティス!! The Second Execution』(遥)

 
ハルカ・アーミテージ/珠洲城遥 FANBOOK
 
HARUKA ジャスティス!!
The Second Execution
 
 
小説: 本多由亨(四薔薇会)、
渋沢渡さん(渋沢建艦廠)

イラスト(マンガ、挿絵含む): aishaさん(callaaisha)、いしざきうにさん(Uni-Q)
刈倉箸子さん(レトロココナッツ)、こーきちさん(Tobepop!)、笹さん(あねご屋)
水深20Mさん(blind star)、タケマルさん(カツラ屋)、つきみさん(戦場のマドンナ)
石蕗晶長さん(リーヴス)、南崎いくさん(どろぱんだTOURS)
ぬくぬくさん(猫と万華鏡)、
水原七重さん(まいなす)、ワタナベココさん(レトロココナッツ)
 
 
  • その強さとか胸とかに魅せられてしまった面々が送る、でぼちん好きの、でぼちん好きによる、でぼちん好きのための「舞-乙HiME」/「舞-HiME」 ハルカ・アーミテージ/珠洲城遥 ファンブック
    2006年刊行の第1弾に続き、極大ボリュームにふくれあがって登場
  • 東西のハルカ/遥 好き 14名様に集合いただき、小説・イラスト・マンガと、思う存分とことんまでにハルカ/遥を描いて/書いていただきました 
  • 総ページ数 約400ページ、うちカラー 12ページ
    カバーは、気分次第で准将と執行部長とを掛け替えれるリバーシブル仕様
    即売会販売分、書店委託分ともに、しおり付きとなります
  • ハルカ/遥 に対する愛情が、たっぷり詰まってふくらみまくった、充実の一冊となります
    エロスはほどほど(?)な、一般向け本(非18禁)です
     
     
    <<  内容紹介 >>

     ○イラスト・マンガ
        - 13人のイラストレイターさんによるハルカ/遥 メインの
         カラーイラスト、モノクロイラスト、フルカラー マンガ、モノクロ マンガを収録
         様々なハルカ/遥、そしてキャラとの絡みを楽しんでいただけます

     ○小説
        - ハルカ&ユキノ メイン 「舞-乙HiME」話
        - ハルカ メイン 「舞-乙HiME」話
        - 遥&静留 メイン 「舞-HiME」話

     
     
    販売状況:
     
    4月1日 「舞-HiME」/「舞-乙HiME」オンリー即売会
    「星姫の舞 乙」にて刊行

    四薔薇会・参加の同人誌即売会にて販売

トラックバック一覧

  1. 1. 星姫の舞乙 ゲスト参加告知

    • [姉御屋]
    • 2007年03月16日 05:18
    • 四薔薇会さんの ハルカ・アーミテージ/珠洲城遥 FANBOOK 『 HARUKA...
  2. 2. 星姫の舞乙:ゲスト

    • [うに練習]
    • 2007年03月28日 12:17
    • 四薔薇会さんの 星姫の舞乙新刊【 HARUKA ジャスティス!! The Sec...

コメント一覧

    • 1. 本多由亨
    • 2007年03月18日 02:10
    • 即売会頒価は、1200円を予定しています

      できれば1000円を切るようにしたかったのですが、さすがに無理でした(汗)
    • 2. 本多由亨
    • 2007年03月25日 23:02
    • サンプル出力の校正も終わりまして……
      あとは印刷所に、すべてをお任せする状態となりました。

      というわけで、まず間違いなく4月1日は出ます。
      ご期待いただいている向きは、お楽しみに。
    • 3. 本多由亨
    • 2007年04月07日 01:07
    • おかげさまで無事刊行できました、この本ですが……
      一カ所、大きな誤植があるのを発見しました。
      詳細については、下記URLをご参照ください↓

       http://www.yhonda.net/archives/50961963.html
    • 4. 本多由亨
    • 2007年05月27日 12:21
    • とらのあなのWeb通販にて「在庫なし」の状態がしばらく続いていましたが、本日、再入荷となりました。
      「めろんぶっくす」「まんだらけ」でも引き続き販売中ですので、ご興味のある方は、よろしくお願いします。

【2006年5月 星姫の舞 新刊】 舞-HiME/舞-乙HiME 珠洲城遥/ハルカ・アーミテージ本 『HARUKA ジャスティス!!』

HARUKA ジャスティス!!

 
珠洲城遥/ハルカ・アーミテージ FANBOOK

 
HARUKA ジャスティス!!
 
 
小説: 本多由亨(四薔薇会)・
風島麻理さん(Seleste Blue Project)
イラスト: こーきちさん(Tobepop!)、いしざきうにさん(Uni-Q)
ぬくぬくさん(猫と万華鏡)、aishaさん(callaaisha)、笹さん(あねご屋)
 
 
  • その強さとか胸とかに魅せられてしまった面々が送る、でぼちん好きの、でぼちん好きによる、でぼちん好きのための「舞-HiME」/「舞-乙HiME」 珠洲城遥/ハルカ・アーミテージ ファンブック
  • 「舞-HiME」/「舞-乙HiME」の世界を縦横無尽に駆けめぐる 小説3編と、5人の豪華イラストレイターによるカラーイラストを収録 
  • 作ってる側からしても予想外にふくらみまくった、極厚・特濃の一冊でございます
     
     
    <<  内容紹介 >>

     ○イラスト
        - 5人のイラストレイターさんによる遥/ハルカ(&雪之/ユキノ)カラーイラスト
     ○小説
        - 遥メイン ほぼオールキャラ登場 「舞-HiME」話
        - ハルカ&シズル + エアリーズの面々「舞-乙HiME」話
        - 雪之/ユキノ視点 「舞-HiME」/「舞-乙HiME」クロスオーバー話

     
     
    販売状況:
     
    5月3日 「舞-HiME」/「舞-乙HiME」オンリー即売会
    「星姫の舞」にて刊行

    「四薔薇会」参加の同人誌即売会にて販売

コメント一覧

    • 1. 本多由亨
    • 2006年04月21日 23:58
    • 総ページ数は、184ページ
      即売会頒価は、600円を予定しています

      できれば500円にしたかったのですが、さすがに無理でした(汗)
    • 2. 本多由亨
    • 2006年05月04日 20:55
    • 「星姫の舞」にて、無事刊行することができました。
      いくつか感想をいただきましたが、それなりに好評をいただいているようで、嬉しいかぎりです。

      書店委託販売も、そろそろ始まりますので、興味のある方はご利用とかいただければと。
      もちろん、次の参加予定イベントである6月のサンシャインクリエイション以降も、販売継続予定です。


      本の「あとがき」にも少し書きましたが、「舞-乙HiME」OVAが一段落ついたくらいのタイミング(来年の今頃?)で、もう1冊できないかな、、と、おぼろげに考えてはいますので、、、
      先のことになって恐縮ですが、興味のある書き手/描き手の方は、ご連絡いただければ嬉しい次第です。
    • 3. 本多由亨
    • 2006年06月11日 17:35
    • とらのあなのWeb通販にて注文不可の状態がしばらく続いていましたが、今日あたりに再度、注文可能な状態となりました。
    • 4. 本多由亨
    • 2007年02月25日 15:52
    • 2007年2月25日現在、とらのあなのWeb通販で購入可能となっております。


      第2弾は、4月1日の「星姫の舞 乙」あわせにて、ページ数、内容の充実度ともに大幅増の方向で、鋭意製作中です。

       http://www.yhonda.net/archives/50787691.html
お知らせ
このサイトに関する諸注意は、こちらをご参照ください

2005年7月16日以前のBlog移行前のログについては、、

 ・トップページ(ニュース)は、こちら

より、ご参照ください。
Hot Topics
同人サークル・四薔薇会の同人即売会へのサークル参加予定について

次は12月29日(日)-31日(火)に東京ビッグサイトで開催されるコミックマーケット85に、1日目(29日)にサークル参加予定です。
他の日の委託頒布も含めて、情報は随時こちらを更新します。

2014年初頭は1月26日(日)に人形町 サンライズビルで開催されるもう何も恐くない13にサークル参加予定です。

最近のイベントにて頒布しているものについては、こちらをご参照ください。
月別アーカイブ
カテゴリ別で表示
TagCloud
最近のコメント
同人活動
最新のイベント参加予定や新刊・既刊情報は、こちらをご参照ください
一部の本は、下記リンクの書店にて委託販売いただいています
各書店の通販サイトにて「四薔薇会」で検索ください

とらのあな
めろんぶっくす
まんだらけ
COMIC ZIN
メロンブックス DL
DLsite.com
pixiv
リンク
カテゴリー別リンク
 ・DVD関連

個人/サークル/クリエイター
登録ポータル/リング
協賛・支援など
まきますか?まきませんか?
同人誌印刷
(有)ねこのしっぽ
POPLS
緑陽社
巡回 I
はてなアンテナ
QRコード
QRコード
プロフィール
Blog移行前のログ
2005年7月16日以前のBlog移行前のログについては、、

 ・トップページ(ニュース)は、こちら
 ・掲示板(日記)は、こちら

より、それぞれご参照ください。
Amazon 検索
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト
Twitter
Amazon アソシエイト(2)


忘却の旋律 DVD-BOX 1
【初回限定生産】


「忘却の旋律」オリジナル・サウンドトラック
THE MELODY OF OBLIVION


忘却の旋律企画アルバム
「旋律劇場へのイザナイ」


Will


てのひらの光


少女革命ウテナDVD-BOX
前編【初回限定生産】


少女革命ウテナ
コンプリートCD-BOX


シスター・プリンセス &
シスター・プリンセスRePure
DVD-BOX


舞-HiME 5


舞-乙HiME Zwei
COMPLETE [Blu-ray]


舞-乙HiME 0-S.ifr-
COMPLETE [Blu-ray]


「舞-HiME」ベストコレクション


「舞-乙HiME」 ベストコレクション


「舞-乙HiME」ドラマCD Vol.2


舞-HiME★DESTINY 龍の巫女
ドラマCD


舞-乙HiME
ヲトメグラフ プレミアム


舞-乙HiME Zwei


舞-HiME
Side-A 秘密の花園


舞-HiME★DESTINY ~龍の巫女~
プリズン・キャスト


舞 HiME狂走曲
猫姫@日記


アイドルマスター XENOGLOSSIA (1)


アイドルマスター XENOGLOSSIA
ベストアルバム


アイドルマスター XENOGLOSSIA
キャラクターボーカルアルバム Vol.1


アイドルマスター XENOGLOSSIA
オリジナルドラマ VOL.1
「週間十六夜寮」


宇宙をかける少女
Volume 1 [Blu-ray]


奥さまは魔法少女 第1巻


瓶詰妖精 Bottle fairy BOX


BPS バトルプログラマーシラセ


魔法少女リリカルなのは Vol.1


魔法少女リリカルなのはA’s Vol.1


GA キャラクターコレクション
烏丸ちとせ


ミュージカル「ギャラクシーエンジェル」


まほらば~Heartful days
第1巻 (期間限定版)


トップをねらえ2! (1)


機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-


コードギアス 反逆のルルーシュ
volume01 (Blu-ray Disc)


コードギアス 反逆のルルーシュ R2
volume01 (Blu-ray Disc)


よみがえる空 ―RESCUE WINGS―
DVD-BOX (初回限定生産)


あさっての方向。1


シゴフミ 一通目


桃華月憚 月華之抄


キューティーハニー THE LIVE 1


大奥 【DVD付初回限定盤】


Akasha
(初回限定盤)(DVD付)


TRIBUTE TO MASAMI OKUI
-Buddy-


ラブひな
OKAZAKI COLLECTION


Darling(初回限定盤)


Love Aice5


堀江由衣 クリスマスライブ
-由衣がサンタに着がえたら-


THE MUSEUM(DVD付)


GREAT ACTIVITY
(2007年限定製造盤)(DVD付)


NANA MIZUKI LIVE FIGHTER
BLUE×RED SIDE [Blu-ray]


ファンタジア


メトロノームエッグ


クロニクル(DVD付)


happyend


Get over the Border!


空ノ言葉(初回限定盤)(DVD付)


here I am


Parade(初回限定盤)


Minori Chihara 1st Live Tour 2008
Contact LIVE DVD


dream link


LIVE TOUR 2008
dream link LIVE DVD


REFLECTION

  • ライブドアブログ