labyrinth <--> exit ブログ

 Yoshiyuki Honda's HomePage/Blog

特撮:ゴジラ・東宝

空へ 〜救いの翼〜

「週刊アスキー」にて超長期連載化しているレポート漫画「カオスだもんね!」が先週・今週(いま売っている号)・来週の3週連続で金沢の小松紀行ネタ
……というか、↓の映画「空へ 〜救いの翼〜」とのタイアップで、エモーションの杉山プロデューサーと一緒に航空自衛隊 小松基地での救難訓練に同乗レポですよ。

 http://www.sorae-movie.jp/top.html

2006年の1月から放送されていた桜美かつし監督によるアニメ「よみがえる空」好きのひとりとしては、羨ましいにもほどがある。

まあ、「空へ 〜救いの翼〜」自体が「よみがえる空」のメディアミックス展開のひとつ・・…というか、いまさらながらに突然の実写映画化で驚いたにもほどがありまくりなわけでして。

しかも、監督は「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦」「ゴジラ×メカゴジラ」「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」「戦国自衛隊1549」……と、なぜか監督作品としては自衛隊がらみのものばかり撮っている手塚昌明。
つか、大阪に遷都してしまった架空史の世界でゴジラと戦う「ゴジラ×メガギラス」から始まって、一作ごとに次第に現実世界の自衛隊に近づいてきているのが面白いというか、なんというか(汗笑)

実写映画化の効果は、なにやら凄まじいものがありまして、CSのアニマックスではありますが、お正月にアニメシリーズ「よみがえる空」一挙再放送、というのと……
小説版(文庫本)の新装版が発刊されたうえに、重版までかかったらしい

てことは、ですよ……
「よみがえる空」と同じバンダイビジュアル(現:エモーション)の自衛隊タイアップ作品(こっちは空自ではなく海上自衛隊ですが)であるところの「タクティカルロア」も実写映画化すれば……
余勢を駆って、どう考えたって本来作られるはずだったっぽい(けど、作られはしなかった・汗)アニメの第2シリーズも制作されるかもしれないわけですよ。

主演の中原麻衣が慣れない艦長役でアフレコ前に心労貯まる日々ふたたび、ですよ。
つか……むしろ、実写版の主演も中原麻衣本人でいいんじゃなかろうか(汗笑)

『よみがえる空 -RESCUE WINGS』公式ガイドブック 航空自衛隊 航空救難団の実力 (ホビージャパンMOOK 214)
『よみがえる空 -RESCUE WINGS』公式ガイドブック 航空自衛隊 航空救難団の実力
レスキューウイングス 1 (1) (MFコミックス)
レスキューウイングス 1 
ファイナルシーカー レスキューウィングス(MF文庫ダ・ヴィンチ) (MF文庫 ダ・ヴィンチ お 1-1)
ファイナルシーカー レスキューウィングス
よみがえる空 -RESCUE WINGS- mission 1
よみがえる空 -RESCUE WINGS- mission 1
タクティカルロア 1
タクティカルロア 1

以下、補足的に……

続きを読む

12月のゴジラ大全集

 
2006年12月の放送予定は、
 

とのこと。

また、日曜邦画劇場枠にて、

 ・ゴジラ FINAL WARS

も放送予定。

原点(第1作)と最新作の組み合わせですな。

コメント一覧

    • 1. 本多由亨
    • 2006年11月11日 12:57
    • ちなみに「ゴジラ大全集」は12月で終了。
      2007年2月より、新しい特撮特集の番組を準備しているとのことです。

11月のゴジラ大全集

 
2006年11月の放送予定は、
 

とのこと。


 

Story
ゴジラのライバル・メカゴジラが人類の手によって復活。メカギドラの研究により完成したハイテク武装満載の未来兵器・メカゴジラがゴジラを迎え撃つ。...(詳細こちら

極私的 映画鑑賞計画 2006夏→秋

これの続き……かな?

結局、実写版ハチミツとクローバー笑う大天使(ミカエル)は見に行けず。
まあでも、この2本は、ひとまずはDVDやCS・BSの放送でもいいかな、くらい。

ただ、ブレイブ ストーリー見に行けなかったのは、ちと悔やまれるな。
どこかの上映会でやったら行くかも。

去年と違って今年は行きたい気もあった戦隊シリーズ(ボウケンジャー)と仮面ライダーは、DVD待ちかな
……てことは、仮面ライダーはディレクターズカット版DVD待ちか(汗)


そんなこんなで秋……

ここで書いた今年のダークホース(笑)「日本以外全部沈没」が、今週末9月2日(土)から渋谷で上映開始ですよ。
早速見に行くべし、と、上映時間を確認してみたら、レイトショー1回のみで終演時間23:10って………もう、その時間だと終電ないんですけど(大汗)
優しくないよ……埼玉県民(の東の果ての人)に優しくないよ。

つか、この劇場、昼間は細田守監督版「時をかける少女」を上映していて、9月2日の夜には「時かけ」がらみのオールナイトイベントもあるのですな。
(チケットがまだあるかは別として・汗)「時かけ」の2回目はともかく、いまさら「幻魔大戦」や「迷宮物語」を劇場で見たいかというと……(汗)

埼玉ではなぜかMOVIX三郷でも、そのうちやってくれるようなのですが、電車じゃ行きづらいんだよなぁ(汗)
でもって、川崎あたりも(まだスケジュール発表されてないけど)レイトショーだけな予感がするし(汗)

やっぱり泊まり覚悟で渋谷に見に行くしかない……のか?


秋映画で気になるのは、、あとはまあ、「スケバン刑事」ですか。
一応、原作ファンとしては、ひっかかりまくり……といいそうなものですが、さすがにここまでくると、漫画を原作とした別物だと割り切り。
だいたい、深作健太監督だし……早々に割り切った方がいいと、経験が告げる(汗笑)

予告編見た感触では、映像の見栄の切り方はよさげだし、今回は脚本が丸山昇一なので、ヴァイオレンス軸で大外しはしない話作りになっているんじゃないかなと。
となると、やはり健太……

いや、主に脚本面でクァーーっと思わされていた「BR」も「BRII」も、好きかといわれれば、けっこう好きですよ。
ただ、栗山千明の使い方と加藤夏希の使い方がもったいないよなぁ、ってのが主にずっとひっかかっているだけで(汗)


洋画では……

なんだかんだいって「24」をFOXチャンネルで第3シリーズまで追っていて、元来、アメリカの政治もの好きな身としては、「ザ・センチネル」は行っておきたいところ。
つか、これについては日本語吹替え版でも上映してくれたりせんかな?
もちろん、キーファー・サザーランド = 小山力也で(笑)

10月のゴジラ大全集

 
2006年10月の放送予定は、
 

とのこと。


 

Story
平成ゴジラシリーズ第3弾。ゴジラの天敵・モスラが復活、新怪獣バトラが登場し、名古屋、横浜を舞台にゴジラと三つ巴の死闘を繰り広げる。...(詳細こちら

「日本沈没」オリジナルサウンドトラック

さすがにサントラまでは手をつける気はなかったのですが……

各トラックのタイトル一覧を見たら、速攻で購入決定(笑)

いやぁ、トコトンまでやってくれる。
その心意気に、まずは金を払うよ(笑)


補足すると、テーマソングのぞいたトラック名が、小松左京の小説のタイトルになっているのですな。
実際のトラック内容と整合性取れているのかも、聴いてのお楽しみだ。





9月のゴジラ大全集

 
2006年9月の放送予定は、
 

とのこと。

監督:金子修介


 

Story
平成ガメラ3部作で辣腕を振るい高い評価を得た金子修介監督が、初代「ゴジラ」の続編として描いた第25作。日本に上陸し暴れ狂う破壊神・ゴジラと、護国三聖獣であるキングギドラ、モスラ、バラゴンが死闘を繰り広げ...(詳細こちら

樋口真嗣監督版「日本沈没」

長らくネタを引っ張ってきましたが(汗笑)、樋口版「日本沈没」も、いよいよもって本日公開。
ネットでの事前席予約にて準備万端にし、初日に早速見てきました。

というわけで、以下、盛大にネタバレ含みにて………

続きを読む

夏映画

さて、「TRICK 劇場版2」と「DEATH NOTE -デスノート- 前編」は見に行ったので、あと今夏見に行きたい映画はといえば………

日本沈没」は、それはもう自分的には当然(笑)
来週末に公開開始なので、できるかぎり初日にGoです。

で……
たしか細田守監督版「時をかける少女」も来週公開開始予定。
なおかつ、角川ヘラルド系の劇場ということで、埼玉では直線距離的には(汗笑)自宅から一番近いシネコンであるシネプレックス幸手でも上映されるらしい。

ってことで、一緒に見に行ってしまおうかとも思ったわけですが、なんか調べてみたら、幸手での公開は8月かららしい(汗)

うーむ……であれば、今週末から公開されている「ブレイブ ストーリー」と一緒に見に行ってみるかなぁ。

あと、これは8月から公開開始ですが、仮面ライダーと戦隊シリーズも今年は見に行っておきたいかも。


まあ、なんだかんだで、今年も邦画だらけになりそうです(汗笑)
ダ・ヴィンチ・コード」も普通に気になってはいますが、優先度としては低い。

日本ふるさと沈没

さて、いよいよ公開まで2週間を切った樋口真嗣 監督版「日本沈没」

なんか、2ちゃんねるの某スレッドで試写会行った組から思いっきりなネタバレを仕入れてしまってはいるのですが………
でもって、数週間前の週刊少年チャンピオンでの樋口監督インタビューで、そのネタバレが間違っていないと確信にいたってしまったわけですが(汗笑)

できあがったものを見ないことには始まらん、ということで初日に見に行く意気込みは変わらずですよ、と。
というか、平日開催でなければ試写会にも行きたかったくらいのもので。


で……公開にあわせて、そろそろ関係書籍も刊行されはじめてきました。

まずは、こちらでもネタにした筒井康隆「日本以外全部沈没」(角川文庫版)

以前、角川文庫にてこの短編が収録されていた短編集「農協月に行く」とは、別内容となっています。
とはいっても、「農協月に行く」自体は収録されているのが、ややこしいところですが(汗)

筒井康隆の短編をテーマごとに再編成して、今後も角川文庫で刊行していくらしく、その第1弾の「パニック短編集」という位置づけ。
「アフリカの爆弾」「日本列島七曲り」等の、かつての短編集タイトルクラスの作品も収録されていて、けっこうお得かも。

「日本以外全部沈没」については、先の記事でも書いたとおり、登場人物のほとんどが、いまや故人となっていることもあり(汗)、平石滋氏による登場人物解説が追加されています。
この解説がまた、いい具合に小ネタがちりばめられているんだ(笑)


次は、徳間書店から唐突に出た(主に)コミックアンソロジー本「日本ふるさと沈没
クリエイター(主に漫画家)を集めて、それぞれの故郷が沈む、というネタで短編を書いてもらうという趣旨らしく………
読んでて、けっこう無理があります(汗笑)

唐沢なをきの漫画は「犬ガンダム」とやってること同じだよなぁ(笑)
かと思ったら、米村孝一郎の漫画のように、「日本沈没」のサブエピソードしてそのまま成立しそうなものがあったりで。

まあ、無理矢理気味でありながらも、お祭り気分を楽しめればいい……ということですよね?(汗笑)

日本以外全部沈没―パニック短篇集

日本ふるさと沈没

8月のゴジラ大全集

 
2006年8月の放送予定は、
 

とのこと。

監督:山下賢章


 

Story
宇宙に運ばれ、ブラックホールに取り込まれたゴジラ細胞が結晶生物と融合、超絶なパワーを身に付けた破壊神・スペースゴジラとなり地球に来襲する。...(詳細こちら

日本以外全部が沈む前に

この記事の続きといえば続き。

2006年7月15日に上映となる樋口真嗣 監督版「日本沈没」を、期待と不安が6:4くらいの割合で、なんだかんだいって応援する所存。

それに関連して、ふじぎーさん日記(5月16日分)で知ったのですが………
筒井康隆「日本以外全部沈没」の方も、映画化されるのですな(笑)
河崎実監督で、今年の秋に公開予定。
こちらの作品紹介も参照………つーか、どちらのページともツッコミどころ満載だ(笑)

クランクインからクランクアップまでの予定期間が10日。
まあでも、内容考えればそんなものか。

ストーリーは原作の基本線を残しつつ、だいぶ現代風にアレンジされているっぽい。
というか、原作どおりに映画化したら15分くらいで終わるし(汗笑)
原作に出てきたキャラクターは、あらかた故人になってしまっているし(汗)

筒井康隆、小松左京 両原作者も特別出演のうえ、藤岡弘に村野武憲って………
1973年の映画版、テレビドラマ版の小野寺俊夫そろい踏みですか。

日本語学校講師役でデイブ・スペクター、ってのは、いまテレビで放送している樋口監督版とタイアップしたNOVAのCMのパロディなのかな?

シネセゾン渋谷にてレイトショーほか〜」ってあたりが、どうにも敷居高い上映スタイルになりそうですが、がんばって見に行く方針で。

原作は……いまだと、徳間書店・刊の「日本以外全部沈没―自選短篇集〈3〉パロディ篇」に収録されている模様。
角川文庫の「農協 月へ行く」は………絶版なのか?(汗)


あと、樋口真嗣 監督版「日本沈没」の方………
「田所雄介の研究日誌」→「日本沈没災害経過」と見ていくと、1973年版を知っている人は今回のがどんな展開になるか、だいたい読めてきますな。

<< 追記 >>

こちらでご紹介いただきました。
ほかのブログの記事へのリンクがまとまっていて、便利。

トラックバック一覧

  1. 1. 日本以外全部沈没(筒井康隆パロディ小説)映画化?

    • [ブログで情報収集!Blog-Headline/enjoy]
    • 2006年05月20日 09:18
    • 「日本以外全部沈没(筒井康隆パロディ小説)映画化?」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べしてみてください。 =200...

コメント一覧

    • 1. 本多由亨
    • 2006年05月19日 22:51
    • >角川文庫の「農協 月へ行く」は………絶版なのか?(汗)

      補足………
      こういうことらしい↓

       http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_search.php?pcd=200601000129

      うわ、便乗商法の便乗商法だ(笑)
      ほかの収録作品が、まだわからないけど、もしかしたら「農協 月へ行く」のまんまなのかな?
      まあ、それならそれでいい気もしますが。

      ちなみに「日本以外全部沈没」は電子書店パピレスでも扱ってるようです↓

       http://www.papy.co.jp/act/books/1-267/


      あと筒井康隆がらみだと、「時をかける少女」の貞本義行・表紙版が映画にあわせて、やはり出るわけだ↓

       http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_search.php?pcd=200511000120

24時間まるごと日本沈没 〜東宝パニック特撮の世界〜 + 小松左京オールナイト★全作品原作・小松左京★

日本映画専門チャンネルにて、7月の特集企画として、

2006年7月15日に上映となる樋口真嗣 監督版「日本沈没」の公開と連動し、特集「24時間まるごと日本沈没 〜東宝パニック特撮の世界〜」を放送。
放送予定の作品は、、、

 ・日本沈没(1973年版)
 ・東京湾炎上
 ・地震列島
 ・士魂魔道 大龍巻
 ・フランケンシュタイン対地底怪獣(オリジナル劇場版)
 ・宇宙大怪獣 ドゴラ
 ・妖星ゴラス
 ・世界大戦争
 ・地球防衛軍
 ・東宝特撮予告篇集(仮)

とのこと。

さらに関連企画として、「小松左京オールナイト★全作品原作・小松左京★」も放送。
こちらの放送予定作品は、、、

 ・日本沈没(1973年版)
 ・エスパイ
 ・さよならジュピター
 ・復活の日
 ・首都消失

とのこと。

いずれも、ここ2-3年のうちに放送された作品ばかり、、といってしまえばそれまでですが(汗)、ここまでまとめて持ってきたのは、実に壮観。

未見の方は是非とも、全作品制覇を強くオススメしたい、、、

 いや、「東京湾炎上」「地震列島」「大龍巻」あたりは(汗)
 「バラゴン」はたしかに傑作だけど、パニック映画……なのか?(汗)
 「首都消失」も、個人的な思い入れは強いけど、この流れでオススメできるほどかというと………

まあ、とにかく見ての判断をということで(汗笑)

「東宝特撮予告篇集(仮)」が、どこまでの作品をカバーしているのかも、気にかかるところです。

監督:森谷司郎


 

Story
小松左京の原作を、藤岡弘主演で映画化したパニック大作。深海潜水艦・わだつみの操舵士・小野寺俊夫と田所博士は、日本が沈没するほどの海底異変が起きていることに気づく。...(詳細こちら

 


 

Story
勝野洋主演で地震の恐怖を描いたパニック映画。地震学者・川津は東京に大地震が起こることを預言していたが学会からは理解されずにいた。やがて彼の預言通りに地震が起こり始める。...(詳細こちら

 


 

Story
円谷英二が特技監督を務めた東宝怪獣映画。ドイツから持ち込まれた“フランケンシュタインの心臓”が、広島に投下された原爆の影響で怪物に成長する。...(詳細こちら

 


 

Story
妖星ゴラスが地球に接近し、地球は危機的状態に陥る。回避手段は、南極にジェット噴射口を作り、地球をロケットにすることだった。...(詳細こちら

 


 

Story
本多猪四郎監督による東宝映画初の本格SF映画。地球征服を目論む宇宙人・ミステリアンと、地球側の防衛軍との激しいぶつかり合いが展開していく。...(詳細こちら

 

監督:福田純


 

Story
小松左京の同名SF小説を基に映像化されたSFアクション。超能力者を養成する国連の秘密組織機関の諜報員3人と能力を乱用する悪者との死闘が展開。東宝レンタルキャンペーン。...(詳細こちら

 

監督:深作欣二


 

Story
小松左京の同名SF小説を原作に、深作欣二監督が映画化。研究所から盗まれた猛毒ウイルスが世界中に拡散し、生存者は南極に残された863人のみに。さらに核ミサイルの発射を誘発する地震が…。国際スターが多数共演す...(詳細こちら

 

監督:舛田利雄


 

Story
小松左京の原作小説を映画化したSFパニック。ある日突然、首都・東京を巨大な雲が覆ってしまい、外部との通信が取れなくなる事態が発生。電機会社の技術開発者・朝倉は、偶然出会ったTVリポーター・まり子らと共に謎...(詳細こちら

コメント一覧

    • 1. 本多由亨
    • 2006年06月20日 22:23
    • 補足、、
      「東宝特撮予告篇集(仮)」は、今回の特集で放送される映画9本の予告編集のようです↓

       http://www.nihon-eiga.com/prog/107351_000.html

7月のゴジラ大全集

 
2006年7月の放送予定は、
 

とのこと。

監督:福田純


 

Story
怪獣同士のタッグマッチが楽しめる一編。子供たちに平和を訴える施設“世界子供ランド”では、地球侵略を企む宇宙人が宇宙怪獣を呼び寄せており…。...(詳細こちら

6月のゴジラ大全集

 
 
2006年6月の放送予定は、
 

とのこと。

監督:福田純


 

Story
ゴジラ、エビラ、モスラの3大怪獣が共演するシリーズ7作目。南海の島に漂着した4人の若者は、核爆弾を秘密裏に造る“赤い竹”という秘密組織の存在を知り、“赤い竹”の野望を阻止するべく島に眠っていたゴジラを蘇...(詳細こちら

5月のゴジラ大全集

 
 
2006年5月の放送予定は、
 

とのこと。

監督:福田純


 

Story
南海のゾルゲル島を舞台に、初登場したゴジラの息子・ミニラと息子を助けるゴジラの活躍を描くシリーズ第8作。生まれたばかりのゴジラの息子・ミニラはカマキラスやクモンガと対決。彼が危機に陥ったとき、ゴジラが...(詳細こちら

4月のゴジラ大全集

 
 
2006年4月の放送予定は、
 

とのこと。

監督:橋本幸治


 

Story
怪獣王ゴジラが、原点回帰となる凶暴な破壊の権化として復活。新宿を舞台に、最新鋭兵器スーパーXを擁する自衛隊と死闘を繰り広げる。...(詳細こちら

3月のゴジラ大全集

 
 
2006年3月の放送予定は、
 

とのこと。

 

監督:大森一樹


 

Story
時空へのタイムトラベルやゴジラ誕生秘話が軸となっているシリーズ第2弾。20年ぶりに復活した最強のライバル・キングギドラとの一騎打ちが見所。...(詳細こちら

男たちの大和 & 日本沈没

こちらで少し書きました「男たちの大和」、、、
さいたま新都心の映画館に見に行ってきました。

うむ、正月早々、自分に合う映画を見れて、幸せだ(笑)
「連合艦隊」というか、ごく初期の角川映画というか、、やはり1970年代のモメンタムが再来したかのような良い意味でのハッタリ大作加減に、「プライベート・ライアン」「パールハーバー」の戦闘シーン(あくまで戦闘シーン限定・汗笑)的な最近の戦争映画での迫真性が乗っかって来るという。

上映時間としては2時間半、内容としては、現代パートと、レイテ、沖縄特攻、若干の戦後話に絞っていて、だれることなく見ていられる構成。
がむしゃらに戦争賛美するでもなく、がむしゃらに反戦を掲げるでもないバランス感覚も見事。

導入部分でややひっかかるところあるものの、時間が進むとともに感情移入できるようになっていますので。
上映館数も拡大方向にはあるらしいので、気になっているのであれば、是非映画館に。
つか、DVDやテレビ放映では、やはり戦闘シーンの迫力が全然違うと思いますしね。


で、もう一つ、、「大和」上映の前に、今年公開となる樋口真嗣監督版「日本沈没」の予告編をやっていました。

豊川悦司が田所博士役になったことは以前から知っていて、冷静沈着げな新しい田所博士像を見せるのかなと思ったら、全然そんなことはないっぽい(笑)
小林桂樹版よりも、さらにギトギトしていたような。

石坂浩二の総理は、、まあ、小泉純一郎っぽいですな。
でもって、草剛の小野寺は、、、タカヤノリコ(トップをねらえ)?

これはこれで、自分的に大当たりするか大はずしするかの、どちらかになってくれそうで、実に楽しみです。

2月のゴジラ大全集

 
 
2006年2月の放送予定は、
 

とのこと。

また、ゴジラやキングギドラも登場する特撮テレビシリーズ「流星人間ゾーン」も放送開始となります(1月に4話放送予定)

 

監督:福田純


 

Story
「ゴジラ」シリーズ第13作目。4大怪獣が死闘を繰り広げる傍ら、次回作のメカゴジラを予感させる電子ロボットやリアルな破壊シーンが登場する。...(詳細こちら

1月のゴジラ大全集

 
 
2006年1月の放送予定は、

とのこと。

年末年始特別企画の再放送のようです。

12月のゴジラ大全集

 
 
12月の放送予定は、
 

とのこと。

また、年末年始特別企画として、12月29日より以下の6作品を6日間連続放送

 ・ゴジラ対ヘドラ
 ・ゴジラVSビオランテ
 ・怪獣大戦争
 ・ゴジラ モスラ キングギドラ 怪獣総攻撃
 ・キングコング対ゴジラ
 ・メカゴジラの逆襲


 

監督:手塚昌明


 

Story
ゴジラ、モスラ、メカゴジラがシリーズで初めて顔を合わせた「ゴジラ」シリーズ最新作。東京タワーや六本木ヒルズを舞台に、3大怪獣が暴れ回る。機龍(メカゴジラ)の整備士・中條は、小美人から機龍を捨てないとモ...(詳細こちら

監督:坂野義光


 

Story
公害問題をテーマに、強烈なインパクトを誇る怪獣・ヘドラやサイケデリックな映像など、斬新な演出が光るゴジラシリーズの中でも異色を放つ一編。...(詳細こちら

 

監督:大森一樹


 

Story
バイオテクノロジーによりゴジラの細胞とバラの細胞を掛け合わせた怪獣・ビオランテ。三原山から5年ぶりに復活したゴジラが、ビオランテを相手に戦う。...(詳細こちら

 


 

Story
ゴジラが“シェ−”をするシーンも印象的なシリーズ第6作。木星の衛星・X星の調査に向かった富士とグレンは、キングギドラの驚異に脅えるX星人に出会う。彼らはキングギドラを倒すため、ゴジラとラドンを借りたいと...(詳細こちら

 

監督:金子修介


 

Story
平成ガメラ3部作で辣腕を振るい高い評価を得た金子修介監督が、初代「ゴジラ」の続編として描いた第25作。日本に上陸し暴れ狂う破壊神・ゴジラと、護国三聖獣であるキングギドラ、モスラ、バラゴンが死闘を繰り広げ...(詳細こちら

 


 

Story
ゴジラがアメリカの怪獣王・キングコングと対決するシリーズ第3作。低迷する視聴率をテコ入れするため、TV番組のスタッフはファロ島へ赴きキングコングを捕獲。ところがキングコングは日本で逃げ出し、ゴジラと相ま...(詳細こちら

 


 

Story
前作で人気を集めたメカゴジラが再び登場する第15作。サイボーグとなったメカゴジラのレーザー光線と、恐竜・チタノザウルスがゴジラを襲う。...(詳細こちら

11月のゴジラ大全集

 
 
11月の放送予定は、
 

とのこと。

監督:手塚昌明


 

Story
釈由美子が主演した「ゴジラ」シリーズ第26作。ゴジラ上陸に備えるため、対特殊生物自衛隊によって対G兵器・機龍“メカゴジラ”が開発された。特自三尉・家城茜は機龍のオペレーターとして、遠隔操作でゴジラに戦い...(詳細こちら

10月のゴジラ大全集

 
 
10月の放送予定は、
 

とのこと。


 

Story
平成ゴジラ第6弾完結編。究極兵器の影響により誕生したデストロイアと、体内で核分裂を起こしたゴジラが、地球を揺るがす戦いを繰り広げる。...(詳細こちら

9月のゴジラ大全集

 
 
8月の放送予定は、
 

とのこと。

監督:金子修介


 

Story
平成ガメラ3部作で辣腕を振るい高い評価を得た金子修介監督が、初代「ゴジラ」の続編として描いた第25作。日本に上陸し暴れ狂う破壊神・ゴジラと、護国三聖獣であるキングギドラ、モスラ、バラゴンが死闘を繰り広げ...(詳細こちら

8月のゴジラ大全集

 
 
8月の放送予定は、
 

とのこと。

監督:手塚昌明


 

Story
生っ粋のゴジラファンである手塚昌明がメガホンを取り、こだわり抜いて作り上げたシリーズ第24作。スピーディーなアクションを見せるゴジラと、3段変化するメガギラス、そして辻森隊長率いる人間との、三つ巴の死闘...(詳細こちら
お知らせ
このサイトに関する諸注意は、こちらをご参照ください

2005年7月16日以前のBlog移行前のログについては、、

 ・トップページ(ニュース)は、こちら

より、ご参照ください。
Hot Topics
同人サークル・四薔薇会の同人即売会へのサークル参加予定について

次は12月29日(日)-31日(火)に東京ビッグサイトで開催されるコミックマーケット85に、1日目(29日)にサークル参加予定です。
他の日の委託頒布も含めて、情報は随時こちらを更新します。

2014年初頭は1月26日(日)に人形町 サンライズビルで開催されるもう何も恐くない13にサークル参加予定です。

最近のイベントにて頒布しているものについては、こちらをご参照ください。
月別アーカイブ
カテゴリ別で表示
TagCloud
最近のコメント
同人活動
最新のイベント参加予定や新刊・既刊情報は、こちらをご参照ください
一部の本は、下記リンクの書店にて委託販売いただいています
各書店の通販サイトにて「四薔薇会」で検索ください

とらのあな
めろんぶっくす
まんだらけ
COMIC ZIN
メロンブックス DL
DLsite.com
pixiv
リンク
カテゴリー別リンク
 ・DVD関連

個人/サークル/クリエイター
登録ポータル/リング
協賛・支援など
まきますか?まきませんか?
同人誌印刷
(有)ねこのしっぽ
POPLS
緑陽社
巡回 I
はてなアンテナ
QRコード
QRコード
プロフィール
Blog移行前のログ
2005年7月16日以前のBlog移行前のログについては、、

 ・トップページ(ニュース)は、こちら
 ・掲示板(日記)は、こちら

より、それぞれご参照ください。
Amazon 検索
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト
Twitter
Amazon アソシエイト(2)


忘却の旋律 DVD-BOX 1
【初回限定生産】


「忘却の旋律」オリジナル・サウンドトラック
THE MELODY OF OBLIVION


忘却の旋律企画アルバム
「旋律劇場へのイザナイ」


Will


てのひらの光


少女革命ウテナDVD-BOX
前編【初回限定生産】


少女革命ウテナ
コンプリートCD-BOX


シスター・プリンセス &
シスター・プリンセスRePure
DVD-BOX


舞-HiME 5


舞-乙HiME Zwei
COMPLETE [Blu-ray]


舞-乙HiME 0-S.ifr-
COMPLETE [Blu-ray]


「舞-HiME」ベストコレクション


「舞-乙HiME」 ベストコレクション


「舞-乙HiME」ドラマCD Vol.2


舞-HiME★DESTINY 龍の巫女
ドラマCD


舞-乙HiME
ヲトメグラフ プレミアム


舞-乙HiME Zwei


舞-HiME
Side-A 秘密の花園


舞-HiME★DESTINY ~龍の巫女~
プリズン・キャスト


舞 HiME狂走曲
猫姫@日記


アイドルマスター XENOGLOSSIA (1)


アイドルマスター XENOGLOSSIA
ベストアルバム


アイドルマスター XENOGLOSSIA
キャラクターボーカルアルバム Vol.1


アイドルマスター XENOGLOSSIA
オリジナルドラマ VOL.1
「週間十六夜寮」


宇宙をかける少女
Volume 1 [Blu-ray]


奥さまは魔法少女 第1巻


瓶詰妖精 Bottle fairy BOX


BPS バトルプログラマーシラセ


魔法少女リリカルなのは Vol.1


魔法少女リリカルなのはA’s Vol.1


GA キャラクターコレクション
烏丸ちとせ


ミュージカル「ギャラクシーエンジェル」


まほらば~Heartful days
第1巻 (期間限定版)


トップをねらえ2! (1)


機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-


コードギアス 反逆のルルーシュ
volume01 (Blu-ray Disc)


コードギアス 反逆のルルーシュ R2
volume01 (Blu-ray Disc)


よみがえる空 ―RESCUE WINGS―
DVD-BOX (初回限定生産)


あさっての方向。1


シゴフミ 一通目


桃華月憚 月華之抄


キューティーハニー THE LIVE 1


大奥 【DVD付初回限定盤】


Akasha
(初回限定盤)(DVD付)


TRIBUTE TO MASAMI OKUI
-Buddy-


ラブひな
OKAZAKI COLLECTION


Darling(初回限定盤)


Love Aice5


堀江由衣 クリスマスライブ
-由衣がサンタに着がえたら-


THE MUSEUM(DVD付)


GREAT ACTIVITY
(2007年限定製造盤)(DVD付)


NANA MIZUKI LIVE FIGHTER
BLUE×RED SIDE [Blu-ray]


ファンタジア


メトロノームエッグ


クロニクル(DVD付)


happyend


Get over the Border!


空ノ言葉(初回限定盤)(DVD付)


here I am


Parade(初回限定盤)


Minori Chihara 1st Live Tour 2008
Contact LIVE DVD


dream link


LIVE TOUR 2008
dream link LIVE DVD


REFLECTION

  • ライブドアブログ