labyrinth <--> exit ブログ

 Yoshiyuki Honda's HomePage/Blog

ゲーム:ギレンの野望

地球連邦軍、停滞中

 PSP版「ギレンの野望」の続き、、

まー、タイトルどおりなのですが、、ぶっちゃけ停滞中です。

オデッサも落として、地上はキリマンジャロ攻略とホワイトベース関連イベントの一つであるジャブロー襲撃をこなせばいいくらいなのですが、宇宙が、、、
ルナ2が守りきれません(汗)

攻略サイト見ると、ルナ2周辺のエリアをいくつか制圧しておくように、、と書かれているのですが、こうしておかないとルナ2に3方向から一斉に攻め込まれてしまうからなのですな。
つか、そもそも、ジオンのモビルアーマーに対抗できる効果的な戦力がないのがつらい。
ザクレロとビグロの強いこと、強いこと(大汗)

現状ではルナ2陥落 = 宇宙にいる部隊の全滅を意味しているわけで、だとすると地上を完全に制圧しても、地上で宇宙艦隊再建(生産)して打ち上げる → ルナ2攻略から始めなければいけないわけで、、、
それだけで、第1部制限の100ターン、終わってしまいますがな。
ソロモンなんて、夢のまた夢だ(汗)

やはり、最初からやり直すしかないかなぁ、、、

地球連邦軍、続けてます

こちらで話題にしたPSP版「ギレンの野望」の続き、、

地球連邦軍でスタートして、夏休みをはさんで、地道に続けています。
通常の戦略フェーズでのセーブと、行動設定(局地戦)フェーズでの中断(データの一時的保存)両方に対応しているので、案外と中断しやすく、また再開させやすい。

いきなり攻略サイトを頼りにしているのもなんですが(汗笑)、豊富な資金と資源にものをいわせて、フライマンタ(爆撃機)を生産しまくって、地上を一気に制圧する方向で進めています。

いま、11ターン目くらいで、ユーラシア大陸はマドラス/インドを起点にペキン、ニホンまで制圧。ロシア方面に軍を進めている状態。
オセアニア方面はトリントンを起点にオーストラリア → 東南アジア →ハワイを経てキャリフォルニア制圧。北米圏の制圧を進めつつ、ニューヤークに向けて侵攻。

のあたりで、なんどかリセットしつつ、進めています。
いや、本筋は順調なんですが、戦力が薄くなっている部分(ヨーロッパとか)に攻め込まれると、もとも子もないもので(汗)

あと、V作戦の進行がそんなに進んでいなくって、、
ようやくペガサス級戦艦とガンキャノンがロールアウトして、プロトタイプ ガンダムの開発に入れたところですな。
とうぜん、「機動戦士ガンダム」TVシリーズ第1話にあたるサイド7襲撃のイベントも、まだ発生していないわけで、、、

このままだと、ホワイトベースの旅が始まる前に、オデッサはさすがに遠いとしても、ニューヤークあたりまでは制圧できそうな勢いですよ。
これだと、ガルマは死なないで済むのかな………

地球連邦軍はじめました


機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオンの系譜

コンシューマー機用としては最も高名な(?)ガンダムシミュレーションゲームがPSPに移植されたので、購入しました。
基本的にはプレイステーション版からの移植とのことですが、一番最初に出たセガサターン版しかプレイしたことのない私にとっては、追加要素となる部分もかなり多いようで。

生粋の(笑)連邦支持者としては、当然、ジオンなんかでプレイするはずもなく、セガサターンの時と同様、地球連邦軍を選択。
いまドタバタしているので、まだトリアエーズは一番最初にやるV作戦の発動だけやって、パイロットの情報を確認したくらいですが、、、
おお、「Zガンダム」のヤザンやライラがいきなり配属されているしドリームキャストで発売されたゲーム「コロニーの落ちた地で」のキャラも投入されていて、人材不足がいくぶんかは解消されている(汗笑)

じっくり腰据えてゲームをやる人間ではそもそもないので、クリアするまでにどれくらいの時間がかかるか見当もつきませんが、、、
まあ、暇、、というよりは隙を見て、じっくりと進めようと思っています。
持ち運べることだしね(汗爆)

お知らせ
このサイトに関する諸注意は、こちらをご参照ください

2005年7月16日以前のBlog移行前のログについては、、

 ・トップページ(ニュース)は、こちら

より、ご参照ください。
Hot Topics
同人サークル・四薔薇会の同人即売会へのサークル参加予定について

次は12月29日(日)-31日(火)に東京ビッグサイトで開催されるコミックマーケット85に、1日目(29日)にサークル参加予定です。
他の日の委託頒布も含めて、情報は随時こちらを更新します。

2014年初頭は1月26日(日)に人形町 サンライズビルで開催されるもう何も恐くない13にサークル参加予定です。

最近のイベントにて頒布しているものについては、こちらをご参照ください。
月別アーカイブ
カテゴリ別で表示
TagCloud
最近のコメント
同人活動
最新のイベント参加予定や新刊・既刊情報は、こちらをご参照ください
一部の本は、下記リンクの書店にて委託販売いただいています
各書店の通販サイトにて「四薔薇会」で検索ください

とらのあな
めろんぶっくす
まんだらけ
COMIC ZIN
メロンブックス DL
DLsite.com
pixiv
リンク
カテゴリー別リンク
 ・DVD関連

個人/サークル/クリエイター
登録ポータル/リング
協賛・支援など
まきますか?まきませんか?
同人誌印刷
(有)ねこのしっぽ
POPLS
緑陽社
巡回 I
はてなアンテナ
QRコード
QRコード
プロフィール
Blog移行前のログ
2005年7月16日以前のBlog移行前のログについては、、

 ・トップページ(ニュース)は、こちら
 ・掲示板(日記)は、こちら

より、それぞれご参照ください。
Amazon 検索
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト
Twitter
Amazon アソシエイト(2)


忘却の旋律 DVD-BOX 1
【初回限定生産】


「忘却の旋律」オリジナル・サウンドトラック
THE MELODY OF OBLIVION


忘却の旋律企画アルバム
「旋律劇場へのイザナイ」


Will


てのひらの光


少女革命ウテナDVD-BOX
前編【初回限定生産】


少女革命ウテナ
コンプリートCD-BOX


シスター・プリンセス &
シスター・プリンセスRePure
DVD-BOX


舞-HiME 5


舞-乙HiME Zwei
COMPLETE [Blu-ray]


舞-乙HiME 0-S.ifr-
COMPLETE [Blu-ray]


「舞-HiME」ベストコレクション


「舞-乙HiME」 ベストコレクション


「舞-乙HiME」ドラマCD Vol.2


舞-HiME★DESTINY 龍の巫女
ドラマCD


舞-乙HiME
ヲトメグラフ プレミアム


舞-乙HiME Zwei


舞-HiME
Side-A 秘密の花園


舞-HiME★DESTINY ~龍の巫女~
プリズン・キャスト


舞 HiME狂走曲
猫姫@日記


アイドルマスター XENOGLOSSIA (1)


アイドルマスター XENOGLOSSIA
ベストアルバム


アイドルマスター XENOGLOSSIA
キャラクターボーカルアルバム Vol.1


アイドルマスター XENOGLOSSIA
オリジナルドラマ VOL.1
「週間十六夜寮」


宇宙をかける少女
Volume 1 [Blu-ray]


奥さまは魔法少女 第1巻


瓶詰妖精 Bottle fairy BOX


BPS バトルプログラマーシラセ


魔法少女リリカルなのは Vol.1


魔法少女リリカルなのはA’s Vol.1


GA キャラクターコレクション
烏丸ちとせ


ミュージカル「ギャラクシーエンジェル」


まほらば~Heartful days
第1巻 (期間限定版)


トップをねらえ2! (1)


機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-


コードギアス 反逆のルルーシュ
volume01 (Blu-ray Disc)


コードギアス 反逆のルルーシュ R2
volume01 (Blu-ray Disc)


よみがえる空 ―RESCUE WINGS―
DVD-BOX (初回限定生産)


あさっての方向。1


シゴフミ 一通目


桃華月憚 月華之抄


キューティーハニー THE LIVE 1


大奥 【DVD付初回限定盤】


Akasha
(初回限定盤)(DVD付)


TRIBUTE TO MASAMI OKUI
-Buddy-


ラブひな
OKAZAKI COLLECTION


Darling(初回限定盤)


Love Aice5


堀江由衣 クリスマスライブ
-由衣がサンタに着がえたら-


THE MUSEUM(DVD付)


GREAT ACTIVITY
(2007年限定製造盤)(DVD付)


NANA MIZUKI LIVE FIGHTER
BLUE×RED SIDE [Blu-ray]


ファンタジア


メトロノームエッグ


クロニクル(DVD付)


happyend


Get over the Border!


空ノ言葉(初回限定盤)(DVD付)


here I am


Parade(初回限定盤)


Minori Chihara 1st Live Tour 2008
Contact LIVE DVD


dream link


LIVE TOUR 2008
dream link LIVE DVD


REFLECTION

  • ライブドアブログ