連載開始から半年となる第6話目、、
前回の戦闘の続きと、しばらく(数日くらい?)時間が経ったあとが平行して描かれる展開。

しばらくあとの時間軸では風華学園が完全休講となり、舞衣は黎人のもとでかくまわれている状態。
巧海はどうやら死んでしまったらしい(汗)
加えて珠洲城遥が姿を見せないということが描写されており、、これってつまり、雪之とダイアナ(?)がすでにやられてしまったということだろうか(大汗)
舞衣との戦いに入る前に静留がすでにやってしまったという可能性が高そうな気がしてきた、、

戦闘の続きの方は静留がいったん退いたものの、巧海が戦闘に巻き込まれてしまったため舞衣と命とが決裂。
拠り所をなくしてさまよいはじめた命が再び静留に戦いを挑もうとしたタイミングにて、、なつき&デュラン登場で引き。

次回、なつき vs 静留の第1弾が展開されそうではあるのだけど、、
ほとんどキャラを掘り下げていない段階で、それやってしまって大丈夫なのかという懸念が先立ってしまうわけで(汗)
やるとしたら、バトルしつつ回想に入っていく、、のかなぁ。
第3話の冒頭で描かれていたとおり、なつきは静留の自分に対する想いをすでに自覚しているっぽくもあるし、、