南崎いくさんの「クイーンズブレイド Hide&Seek」

思い返せば昨年の「コードギアス 反逆のルルーシュ R2」放送時の「ナイトメア・オブ・ナナリー」もそうだった。
「TVアニメ絶賛放送中!」にあわせたコミック版の発売スケジュールは容赦ないんだぜ(汗)……ってことのようで、単行本 第3巻は6月26日発売とのこと。

クイーンズブレイド -Hide&Seek- (3)
著者:南崎 いく
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2009-06-26
クチコミを見る

表紙のキャライラストも公開されていて、やはりといいますか順当にといいますか3巻目はクローデットのようです。
収録されるのは先月号あたりまで……かな?

と判断するのもまあ、今月号の掲載分がカラーで始まるからでして。
雑誌連載の方は闘技場に舞台を移して、いよいよクイーンズブレイド開幕。
なぜかトモエの姿だけ見えませんでしたが(展開的に温存?)、これまでの登場キャラはほぼ全て再登場したうえに、現女王含めて未登場だったキャラも少しずつ姿を見せつつ……
TVアニメの前半話数にて冒頭で流れていた口上(「それは 戦ってみなければわからない」)も満を持して登場。
当然、本田貴子の声で脳内再生されてしまいますが(汗笑)

予定どおりにエリナ vs ノワ戦が開始されるその傍らで、エルフ内部の確執が描かれたり、ヴァンス家 三姉妹の三角関係がさらにその昏さを増していったり。


「キディ・ガーランド ぴゅあ」

なんか、冒頭で(というか、前回からの引きとして)こんな敵メカ出ましたけど(汗)

コンプエース 2009年7月号

特に大立ち回りを演じるでもなく4ページくらいでやられて(大汗)、後半は温泉に行く話になりました。

要点をまとめると……

 ・アスクールとク・フィールの戦闘力披露
 ・敵の黒幕(若そうな女性?)をちょっとだけ披露
 ・ESメンバー仲間としての ふたりの絆を少し深めたんだぜ

ですかな。

なんだか狐につままれたような展開とはいえ温泉話なので……男性視点としては、あと一要素重要な披露があったのですが、まあ、ここではあえてあげずということにて(汗笑)


あと、来月号より「コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー」の たくま朋正先生が帰ってきて、新作連載開始のようです。
なんか予告ページを見るかぎり「天元突破グレンラガン」関連らしい。
劇場版も完結したこの状況でいったい何をやるのだろう?と疑問に思わなくもないのですが……
ひとまずは楽しみにしておきたいかと。