南崎いくさんの「クイーンズブレイド Hide&Seek」

本編再開。
ギャグ分も戻ってきた。
でもって、ユーミルもなぜか自信満々で戻ってきた(笑)

ヴァンス伯爵も相変わらず黒塗り顔だけど直接登場してきたし、本格的にストーリーに参入してきた感ですかね。
なにか隠し事をしているっぽくもあるし。

クローデットがそろそろと報われはじめてきたのはよかった。本当によかった。
あと、扉絵のリスティもよかっ(以下略・笑)
 

「コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー」

大団円。

ユーフェミアがブリタニアの新皇帝となってエリアを開放したり、それでもやはりあちこちで小競り合いが起きたり、黒の騎士団の面々(含むカレン)は新生日本政府の中核メンバーになったっぽかったり。
そんな中でアリスとともに自らの道を歩き出したナナリー、そしてルルーシュの話にひととおり決着がついて、きれいな形で終了と相成りましたよと。

設定的には、「ナイトメア・オブ・ナナリー」も数ある「コードギアス」という作品世界群の中のひとつの可能性であることが明示され、その事実を知ったうえでナナリーによる決断がなされたことが説明されていますな。
最後のコードギアスとしてナナリー軸の物語を見事に語りきった たくま朋正先生には心よりお疲れ様でしたといいたい。
目次のコメントを読むかぎりでは、次回作もすでに用意されているっぽくはあるので……楽しみに待たせていただくとしましょう。

単行本の最終巻となる第5巻は4月25日に発売予定とのことです。

コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー (5) (角川コミックス・エース)コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー (5) (角川コミックス・エース)
著者:たくま 朋正
販売元:角川グループパブリッシング
発売日:2009-04-25
クチコミを見る


あと今月号から連載開始となった「キディ・ガーランド」の感想は、ひとまずこちらで。